広陵-秀岳館 9回表広陵1死二、三塁、中村が左越えに3ランを放つ=甲子園【写真提供=共同通信社】

 第99回全国高校野球選手権大会第9日第1試合・2回戦。1回戦は横浜(神奈川)を6対4で破った秀岳館(熊本)と、1回戦では中京大中京(愛知)に10対6で打ち勝った広陵(熊本)との対戦。注目の両校の対戦は、終盤の戦いが勝負を分けた。

試合は、秀岳館・川端 健斗(3年)、広陵・平元 銀次郎(3年)、両左腕とも落ち着いた立ち上がりで、序盤は両校無得点。試合が動いたのは4回表。広陵は3番・中村 奨成(3年)が左前打で出塁。続く4番・加川 大樹(3年)の犠打が悪送球を誘い、無死一・三塁と好機を広げると、秀岳館に痛いミスが飛び出す。二死を奪ったあとの3球目がワイルドピッチとなり、三塁走者が生還。

追いかける秀岳館は5回裏、自慢の打撃力を見せつける。8番・幸地 竜弥(3年)が左翼席へ大きな一発。バッテリーエラーで奪われた先制点を、女房役の一発で取り返す。

同点で迎えた7回表、広陵が下位打線でチャンスを作る。6番・大橋 昇輝(3年)、7番・吉岡 広貴(2年)の連打、8番・松岡 直輝(3年)の犠打で一死二・三塁。9番・平元は2球目をスクイズ。これが内野安打になり、広陵が勝ち越しに成功。

更なる追加点は許したくない秀岳館だが、ここで再びミスが出てしまう。1番・高田 誠也(3年)のセカンドゴロを二塁手・渡辺 瑠維(2年)がファンブル。この間に三塁走者が生還する。なおもピンチが続くも、この回からリリーフした田浦 文丸(3年)が後続を断ち、失点は許さない。

2点差のまま迎えた9回表、広陵が主砲の一発で試合を決める。一死二・三塁から3番・中村 奨成(3年)が初球の直球をフルスイング。中村の今大会3本目となる3点本塁打で秀岳館を突き放す。

9回裏、秀岳館は広陵の2番手・山本 雅也(3年)から走者を出すものの、最後の打者がショートゴロに倒れ、万事休す。終盤に突き離した広陵がベスト16進出を決めた。