三本松-下関国際 2回表、左中間ソロを放ち喜ぶ渡辺と三本松ベンチ=甲子園【写真提供=共同通信社】

24年ぶり甲子園の香川代表・三本松と、初出場の山口代表・下関国際との対戦。三本松はエース佐藤 圭悟(3年)、下関国際は植野 翔仁(3年)が先発のマウンドに上がった。

三本松は1回表、1番・大久保 祥吾(2年)がライト線に放った打球が、変則的なバウンドとなり右翼手が後逸、記録は三塁打に。続く多田 祐汰(3年)が初球を遊ゴロにする間に三塁走者が生還し、三本松が僅か5球で先制。一方、その裏の下関国際は、得点圏に走者を進めるも無得点。

2回表にも三本松は6番・渡辺 裕貴(3年)の本塁打で1点を追加し、徐々に試合の主導権を掌握。4回に先頭3番・佐藤の二塁打を皮切りに、第一打席に本塁打を放った6番・渡辺のライトへの犠飛、7番・浦上 統也(3年)の中前打で2点を追加し、これで4対0。

下関国際は5回裏、一死から6番・浜松 晴天(2年)の二塁打などでチャンスメイクし8番・投手の植野が自らを助ける適時打を放ち1点を返す。だが三本松は取られた後の6回の攻撃で3点を追加。6回裏にも下関国際が1点を取れば、7回表に三本松も1点を取り返し、下関国際はなかなか点差を詰めていけない。

下関国際は、8回表の三本松の攻撃を三者凡退で切った後、8回裏に3番・吉村 英也(2年)の本塁打でまた1点を返し、いよいよ流れを掴んだかと思われたが、その後の追い上げならず。試合は、9対4で三本松が勝利した。
三本松は夏の甲子園3度目にして初勝利を手にした。一方の初出場の下関国際の甲子園初勝利はお預けになったが、中盤以降に見せた三本松に食らいつく粘りの攻撃は見事だった。