広陵-中京大中京  初戦で敗退し、応援席へあいさつに向かう中京大中京ナイン=甲子園【写真提供:共同通信社】

 

 

 

全国最多7度の甲子園優勝を経験している愛知代表・中京大中京と、広島代表・広陵の対戦は打撃戦となった。

試合が動いたのは3回裏。中京大中京の1番伊藤 康祐 (3年)のバックスクリーンへの本塁打で1点を先制。さらに、二死三塁から内野安打で1点を追加し、2点をリードする。

中京大中京の先発・磯村 峻平(3年)も、6回一死まで2安打無失点に抑える快投。中京大中京は、その磯村に代えて、マウンドに背番号1の香村 篤史(3年)を送る。

中京大中京にとって万全の投手リレーかと思われたが、広陵はこの回、代わった香村から、3番中村 奨成(3年)がライトスタンドへの本塁打を放つ。

この一打で試合の流れは変わった。中村の本塁打で勢いに乗った広陵打線は、続く4番加川 大樹(3年)がライトへの二塁打。さらに、5番高田 誠也(3年)の左前適時打で同点に追いつく。

中京大中京は、3番手・144キロ左腕の伊藤 稜(3年)にスイッチするも、勢いに乗った広陵打線を止めることができず、一死三塁から6番・大橋 昇輝(3年)のレフトへのタイムリーで、3対2と逆転に成功。

広陵の勢いは止まらない。7回には、途中出場の2番佐藤 勇治(3年)にレフトスタンドへの2ラン。さらに、二死二塁から5番高田がセンターへの適時二塁打を放ち、6対2と4点差に。

8回には、広陵の1番高田 桐利 (2年)の適時打、2番佐藤の犠牲フライで、2点を追加し、3番中村がダメ押しの2打席連続本塁打で、10対2と中京大中京を突き放した。

しかし、中京大中京も8回裏。8番浦野 海斗(2年)の適時打で1点を返すと、9回には、5番諸橋 駿(3年)、1番伊藤 康祐(3年)のタイムリーで、6対10と4点差に迫るも、反撃はここまで。

広陵は、7回からリリーフ登板した左腕・山本 雅也(3年)が後続を抑えて、試合終了。

広陵が、伝統校・中京大中京を下し2回戦進出を決めた。勝利した広陵は、2回戦で秀岳館と対戦する。