聖光学院-おかやま山陽  おかやま山陽戦で力投する聖光学院・斎藤=甲子園【写真提供:共同通信社】

昨夏の甲子園ベスト8の聖光学院は初の甲子園出場を決めたおかやま山陽と対戦した

先制したのは聖光学院。2回表、4番柳沼 楽人(3年)が放った打球はセカンドベースに当たるラッキーな内野安打で無死から出塁に成功すると、5番仁平 勇汰(3年)がレフトの頭を超える適時三塁打で1点先制。続く6番松本 聖也(3年)の右前適時打で2点を先制する。
 
聖光学院はさらに3回表、一死三塁から4番柳沼の犠飛で1点を追加。4回表には二死二塁から1番矢吹 栄希(2年)がライトへタイムリースリーベースを打ち、4点目。5回表には、先頭の3番瀬川航騎(3年)が二塁打を打って、一死二塁の好機で打席に立ったのは第1打席で適時打を打っている仁平。仁平は2球目のカーブを見逃すことなく、右前適時打を放ち、5対0と突き放す8回表には、二死二塁のチャンスから8番大平 悠斗(3年)のタイムリーで6対0とした聖光学院。

投げては齋藤 郁也(3年)が快投。140キロ前後の速球と決め球のチェンジアップ、スライダーのコンビネーションで強打のおかやま山陽打線から次々と三振に奪い、計12奪三振、被安打5本に抑える快投で完封勝利。今大会初の完封勝利投手となった。

勝利した聖光学院は大会8日目、第4試合で早稲田佐賀と聖心ウルスラの勝者と対戦する。