※掲載期限切れのため動画は削除しました

8月8日、京都フローラVS兵庫ディオーネのヴィクトリアシリーズ第13戦が、初開催の豊田市運動公園で行われた。

2回表、フローラが先制点を挙げる。
1アウト三塁のチャンスで、9番・岩田のスクイズで1-0とする。

しかしその裏、ディオーネも反撃に出る。
1アウト二塁から、6番・寺部と8番・川崎のタイムリーヒットで、1-2と逆転に成功。
さらに3回にも2点追加し、フローラを引き離しにかかる。

6回にフローラに3点を奪われ同点に追いつかれるも延長8回、ディオーネ9番・榊原がチャンスをものにした。
1アウト満塁の場面で、榊原がセンター前へサヨナラタイムリーを放ち、ゲームセット。

兵庫ディオーネが4-5で京都フローラに逆転勝ちを納めた。