前橋育英-山梨学院 6回表前橋育英2死一、二塁、飯塚が右越えに3ランを放つ=甲子園【写真提供:共同通信社】

群馬県代表・前橋育英と山梨県代表・山梨学院。2年連続で夏甲子園に駒を進めた両校の戦いは、前橋育英が破壊力を見せつける試合となった。

前橋育英が1点をリードして迎えた3回。先頭の丸山 和郁(3年)がライト前ヒットで出塁。犠打と盗塁で三塁まで進み、二死三塁のチャンスを作ると、4番・飯島 大夢(3年)がセンター前への二打席連続の適時打を放つ。さらに、5番・皆川 喬涼(3年)、6番・吉沢 悠(3年)にもタイムリーが飛び出すと、7番・小池 悠平(2年)に左翼ポール際への一発が飛び出し、この回一挙5得点。二死からの4連打で山梨学院を圧倒する。

反撃したい山梨学院は4回裏、3つの四球で満塁のチャンスを作り、1番・五十嵐 寬人(3年)が中越の適時三塁打を放つ。満塁の走者が全て生還し、6対3。その差を3点に縮める。

しかし、今日の前橋育英打線の勢いは止まらなかった。3点を返された直後の5回表にバッテリーエラーで1点を追加すると、6回には8番・飯塚 剛己(3年)の特大アーチなど、打者10人の攻撃で一挙4得点。11対3と8点差をつけ、追いすがる山梨学院を突き放す。

追う山梨学院はその裏、9番・広瀬 巧真(3年)、2番・栗尾 勇摩(3年)の適時打で2点を返したものの、反撃はここまで。中盤の大量失点が最後まで重くのしかかった。

7回には4番・飯島にも一発が飛び出すなど、最後まで打線の勢いが止まらなかった前橋育英。12対5で山梨学院を下し、2013年以来の夏制覇へ弾みがつく快勝となった。