藤枝明誠-津田学園  藤枝明誠-津田学園 11回裏、サヨナラ二塁打の宮木(4)と抱き合い喜ぶ津田学園ナイン=甲子園【写真提供=共同通信社】

大会1日目第3試合。藤枝明誠(静岡)と津田学園(三重)の東海地区で、ともに初出場同士の対決は打撃戦となった。

まず先制したのは藤枝明誠。1回表、二死二、三塁のチャンスを作ると、相手の敵失で1点を先制。

津田学園も、4回裏。藤枝明誠の右サイドハンド・久保田 蒼布(3年)を捉え、一死満塁のチャンスを作ると、8番石川 史門(1年)のショートゴロの間に1点を返して、同点に追いつく。

さらに二死満塁から、1番菊地 翔矢(3年)の走者一掃の適時三塁打で4対1と逆転に成功。

しかし、試合の流れは譲らない。藤枝明誠も5回には、一死二塁から3番清水 一真(3年)のレフト前への適時打で1点を返すと、なおも続くチャンスに、6番河合 郁拓(3年)の右前適時打、7番一戸 輝彦(3年)の中前適時打で同点に追いつく。

その裏、今度は津田学園が、二死一、三塁から、水谷 翼(3年)のセンターの頭上を越える適時二塁打で6対4と勝ち越し。藤枝明誠も6回。ここまで2安打の4番中田 悠斗(3年)にタイムリーが出て1点差とすると、続く5番服部 恵汰も左前適時打で続き、6対6の同点に追いつき、両者一歩も譲らぬ展開に。

終盤以降、藤枝明誠の先発・久保田が立ち直りを見せ、津田学園も、リリーフの若林 潤(3年)が強打の藤枝明誠打線を交わすピッチングで、試合は延長戦に突入する。

決着がついたのは11回裏。津田学園は二死一、二塁と好機を広げると、2番宮木 滉生(2年)が期待に応える二塁打を放ち、二走・水谷がサヨナラのホームを踏んだ。

津田学園が延長11回、7対6で藤枝明誠との初出場対決を制し、甲子園初勝利をあげた。また、三重県勢は、夏は4年連続の初戦突破となった。