壁を越えられなかった。開幕4連勝するも、そこから3カード連続で勝ち点を落とした。負の流れを断ち切れず2005年以来12年ぶりの5位。得点力不足やミスの多さだけではなく、生活面での甘さなど「野球以前の問題」と口にした選手が多くいた。秋に向けてチームの課題は山積みだ。

大きな爪痕を残した。昨年のケガから本格的に復帰した森下暢仁投手(政経2=大分商)。開幕カードは体調不良で出遅れるも、第2週以降は5戦の先発を任され2勝をマーク。防御率もリーグ2位の2.48と安定感ある投球で投手陣の柱になった。だが優勝の可能性が懸かった立大3回戦。先発を任され8回1失点で抑えるもチームは敗北。「もっとレベルアップいないといけない」とより先発としての自覚が芽生えた。さらに今夏は2年生ながら侍ジャパン大学日本代表に選出された。期待を力に変え、肌で感じる世界の経験を秋優勝に生かす。(この取材は6月10日に行われたものです)

--チーム5位を振り返っていかがでしょうか

自分ももっとやらないといけないなと思わされました。法政、慶応戦で勝てる時に勝てなかった。あそこで勝てていたらチームも変わっていたかなと思います。

--今季は初めて先発を任されました

「自分がやっていく」という気持ちで今シーズン臨みました。 投げる部分で自分が任された時にしっかりやるという意識でやっているので、(先発でも)特に変わりはなかったです。 今年は先発していかないといけないなという段階でやっていたので、それを果たせたことは良かったかなと思います。

--個人としては2勝2敗でした

点数は取られてしまった部分はありますが、最小失点とで抑えられたというか。自分的には試合をつくれているのかなと思いました。ただ、立教戦の最後の試合で勝てていたら勝ち点が取れていたのに勝てなかったのはもっとレベルアップしないといけないと思いました。完投もしなかったので、ちゃんと完投できる体力もつけていきたいです。(スタミナ)そんなに足りないとは感じはないんですけど、最後まで投げさせてもらえるようにやっていきないなと思います。

--優勝の可能性が懸った立大戦では1戦目に先発されました

やらないといけないという気持ちでしたね。初回に先制してもらえたのでそういう部分で投げやすい部分はありました。2戦目も1戦目も先発というのは変わらないので、特に気持ち的には「1戦目を投げさせてもらえるんだな」という感じで投げました。

--防御率はリーグ2位の2.48

最初の方は全然駄目でした。最後の方0を並べられたのはこれからにつながるかなと思います。あまり満足はしていないです。もっと自分が抑えていたらまた結果も変わってきたかなと思います。

--見えた課題はありますか

コントロールですね。勝負球をもっとレベルアップしていかないといけないと思います。(慶大戦で四死球7も無失点無安打)フォアボールを出してもいいからボール球を振らせようという感覚で慶大戦は投げていたので、悪くはなかったのかなと思います。今ある球でもっと空振りとか三振を取れるようにしていきたいなと思います。(今の投球リズムは)三振取りたいときに取って、打たせたい時に打たせるという感じで投げています。

--印象的だった試合はありますか

特にないですね。早稲田戦は、出だしはよかったのでまとまっていければよかったんですけど、そこから2連敗してしまったので。

--今季の自分に点数を付けるなら

50点くらいですかね。(取れなかった50点)もっと自分が守備のリズムをつくれるようなピッチングができればチームの雰囲気も変わってきたのかなと思います。

--法大戦では自己最速の150㎞を記録しました

全然意識してなくて、投げたら出たみたいな感じです。春はコンスタントにその球速が出たので、特に意識はしていないです。

--投球で意識していることは何ですか

バッターに的を絞らせないというのと、バッターの嫌がることをするという部分ですね。

--他大は2年の活躍が目立ったシーズンでした

どの相手も2年生が主力でやっているので、2年生には打たれたくないという部分はありますね。郡司(慶大)や舩曳(法大)、加藤(早大)とかは結構意識して投げています。(明大は2年ベンチ入りが少なかったが)先輩方のお陰で伸び伸びやらせてもらいました。自分は何も意識することなく好きなようにやらせてもらえました。

--昨年はケガでしたが焦りなどはありましたか

1年目だったのでなかったですね。昨秋のリーグ戦途中から本格的に投げ出しました。(ケガの間に)特に意識してやったことはなかったです。走ったり、体幹トレーニングをしたりいつも通りのメニューをやっていました。

--先発としての自覚は強くなりましたか

柳さん(裕也選手・平29政経卒・現中日ドラゴンズ)を近くでずっと見て、こういう選手にならないといけないのかなと思っています。絶対に勝てるピッチャーというか、自分が入学してから柳さんはほとんど負けていなかったので、そのくらいの絶対的な安心感とか信頼を得られるようになりたいです。柳さんから声を掛けてもらったとかは特には無いんですけど、見て学ぶ上でいいお手本だったのかなと思います。

--高校からの変化はどのような点ですか

高校の時とスタイルは変わりましたね。まずボールの質も変わりましたし、変化球も高校の時と質が変わりました。特に取り組みとかはないんですけどトレーニングを教えてもらってそういう練習をやっていったら段々変わってきました。

--2年生ながら大学日本代表にも選出されました

善波監督に選んでいただいたというのは自分に期待してもらっているということなので、監督に恩返したいなという気持ちがあります。また、これからもしっかりやっていかないといけないなという思いもあります。先輩方のピッチャーを見て学べるところは学んで、もっと自分のレベルアップもしていきたいです。(代表で忙しい夏だが)試合もですし、そういうのを通してまだ調整のことも全然分からないですが、試合前などのケアもしっかりしてケガをしないようにしたいと思います。

--どのような課題を持ってこの夏取り組まれますか

春は完投できなかったので、秋はしっかり完投して3戦目も投げられるような体力をつけたいです。そして春とは違うピッチングで、もっと勝ち点に貢献して自分の勝利を挙げていきたいと思います。自分が投げる試合は負けたくないので投げる試合は全部勝ちたいと思います。勝ったら防御率もついてくると思うので、まずは勝ちにこだわってやっていきたいです。

--ありがとうございました

◆森下暢仁 (もりした・まさと) 政経2 大分商高 180㎝・73㎏ 投手 右投右打

[浜崎結衣]