スティーブンソンが計量クリアできず、ツイッターでライト級転向の意向を表明

 ボクシングのWBC&WBO統一世界スーパーフェザー級王者、25歳シャクール・スティーブンソン(米国)が22日(日本時間23日)、挑戦者ロブソン・コンセイソン(ブラジル)を迎える防衛戦の公式計量でリミットを約700グラム超過する131.6ポンド(約59.6キロ)でパスできず、王座剥奪となった。

 18戦全勝の逸材によもやの展開だ。黒のトランクスで計量台に乗ったスティーブンソン。陣営が2本のベルトを掲げる中、告げられたのは131.6ポンドという数字。本人は悟っていたのか、特に驚く様子もなく、頷くような素振りを見せながら台を降りた。結局、2時間後の再計量もせず、王座剥奪の運びに。

 計量後、自身のツイッターで「全力を尽くした。ここまでのキャリアでプロフェッショナルだったし、体重も作ってきた。でも自分の体はもう130ポンド(スーパーフェザー級)にはできない。健康が最優先。次戦で135ポンドに上げる」とライト級に転向する意向を表明した。

 計量の様子を紹介した米スポーツ専門局「ESPNリングサイド」公式ツイッターには「なんてこった」「階級を上げる時だ」「マジか」「これは良くないな」「2時間で落とすには重すぎるな」「計量台の上でタイトル失ったか」「残念だ」「わずかですらないな」など、ファンの反応が寄せられていた。(THE ANSWER編集部)