第5回ボルダリング小学生競技大会が10月29、30日に東京都の葛飾区東金町運動場スポーツクライミングセンターで行われる。今月14日に公式サイトがオープンした。

 全国の小学生3~6年生を対象としたこの大会は2018年に第1回を迎え、これまでにたくさんの未来ある子どもたちが参加してきた。今大会も例年同様に伊東秀和、永田乃由季ら著名セッター陣が課題を作成し、審判は東京都山岳連盟が務める。会場も前回と同じく、日本代表のトップ選手のみが出場できる「Top of the Top」で使用実績がある葛飾区のスポーツクライミングセンター。大人の選手たちが登るのと同じ環境で課題にトライすることができる。

 昨年まで小学3、4年生は男女混合で行われてきたが、今大会は男女別に実施。5、6年生と同じく男女50人ずつを募る。募集期間は今月17日12時から同26日12時まで。各50人には前回大会上位選手など優先出場権保持者を含む。申込み多数の場合は抽選で出場者を決める。大会の模様は後日、「LIVE-Link sports」のYouTube公式チャンネルで配信される予定。

第5回ボルダリング小学生競技大会 - JAPAN YOUTH BOULDERING 2022 -

主催・運営・後援

<主催>
一般社団法人 THE TAISO 推進委員会
<運営>
JBP(ジャパンボルダリングプロジェクト株式会社)
株式会社ボーディングブリッジ
<後援>
国土交通省観光庁(申請中)
葛飾区(申請中)
一般社団法人日本国際広報戦略機構

日程

10月29日(土)
予選(セッション方式)
10月30日(日)
決勝(ワールドカップ方式)

会場

葛飾区東金町運動場 スポーツクライミングセンター
(東京都葛飾区東金町8-31-1)

参加対象

小学3~4先生(男子)/定員50人
小学3~4先生(女子)/定員50人
小学5~6年生(男子)/定員50人
小学5~6年生(女子)/定員50人
※優先出場権あり

参加申込み期間

9月17日(土)12時 ~ 9月26日(月)12時

参加費

8000円 ※オリジナルTシャツ含む

配信・放送予定

申込み・問い合わせ先

CREDITS

編集部 /

写真

大杉和広