明大 13 - 6 東大
勝: 蒔田稔(③九州学院) 敗: 井澤駿介(④札幌南)
本:明大 上田希由翔(③愛産大三河)2号3ラン(1回)

初回、明大は上田希由翔(③愛産大三河)の2試合連続本塁打で3点を先制するが、東大も別府洸太朗(③東筑)の適時打などですぐに2点を返す。
続く2回、東大主将の松岡泰希(④東京都市大)が今季初安打となる同点適時二塁打を放ち3対3の同点となる。
しばらく無得点が続いたが、6回に東大守備陣の乱れもあり、明大が3点を勝ち越す。
その後も明大は加藤巧也(②大阪桐蔭)と宮田知弥(①横浜)がそれぞれリーグ戦初安打となる適時打を放つなど、追加点を重ねる。
8回、東大は林遼平(④甲陽学院) と松岡泰の連続タイムリーで2点を返すも、点差を埋めるには至らず。

両チーム計29安打の打撃戦は明大が13対6で制し勝ち点を獲得した。