明治大学 3 - 3 東京大学

2022年秋季リーグの開幕戦。明大は3回、飯森太慈が安打と盗塁でチャンスを作ると、キャプテン・村松開人の一打で先制に成功し1対0。
その裏、東大は2死1,3塁からダブルスチールを決め同点に追いつくと、なおも2死2塁から2番・阿久津怜生と3番・中井徹哉の連続タイムリーで1対3と勝ち越しに成功する。
しかし4回、明大は2死2塁から日置航がセンターへタイムリーを放ち1点差に詰め寄ると、5回には再び村松開人がタイムリーを放ち3対3の同点に追いつく。
その後試合はこう着状態へ。両校ともにリリーフ陣が躍動し、終盤まで0が並ぶ展開となる。そして9回裏、東大は2死からランナーを出すも得点には結びつかず。
開幕戦は3対3の同点で試合終了となった。