立教大学 9-2 明治大学
勝:手塚 敗:入江
本塁打:山根3号(3回)、4号(8回)
    逢澤1号(4回)

投打が噛み合った立教が勝利、優勝争いに踏み留まった。

立教は3回表、バッテリーエラーで1点を先制。さらに5番・山根(浦和学院)が今季3号3ランを放ち、リードを4点に広げた。4-2で迎えた8回には、山根がこの試合2本目となる4号ソロ、好投を続けている手塚(福島)が自ら適時打を放ち2点を加点。9回にも藤野(川越東)の適時打などで2点を奪い、試合を決定づけた。

投げては、先発・手塚が8回を2失点。被安打4、8奪三振の快投で今季3勝目。9回は1年・中川(桐光学園)が3者凡退で締めた。

敗れた明治は、リーグ戦初先発となった入江(作新学院)が3回途中4失点。打線は4回に逢澤(関西)の本塁打で2点を返すも、その後立教・手塚の前に追加点を奪えず、敗戦。三連覇の可能性が断たれた。