5月15日、東京六大学野球春季リーグの第6週2日目が行われ、第1試合では、立大が7対3で早大を下して2連勝。勝ち点を3に伸ばした。

1回裏、立大の4番・山田健太が先制タイムリーを放つ。山田はこの日2安打2打点の活躍を見せた

 前日の1回戦を5対0で勝利した立大。試合が動いたのは7回だったが、この日は初回から先制点を奪う。1回裏、四球とヒットで1死一、三塁のチャンスを作ると、「昨日は点数がなかなか入らなかったので、今日は何とか自分のバットで点を取りたいと思っていた」という4番・山田健太(4年・大阪桐蔭)が、センター前に綺麗に弾き返して1点を先制。さらに2死一、三塁から6番・黒岩陽介(4年・静岡)にもタイムリーが生まれ、早大の先発・中森光希(2年・明星)から幸先良く2点を奪った。

 立大は続く2回裏にも2死一、三塁から3番・宮﨑仁斗(4年・大阪桐蔭)のセンター前タイムリーで1点を追加すると、5回裏には7番・吉岡広貴(4年・広陵)のタイムリーで中押しとなる4点目。投げては、先発の島田直哉(4年・龍谷大平安)が相手に的を絞らせないピッチングで5回まで2安打無失点に抑え、試合を優位に進めた。

立大の島田は5回2/3を2安打2失点で先発の役割を果たした

 一方の早大も意地を見せる。6回表に、3番・中村将希(3年・鳥栖)のチャンスメイクから4番の蛭間拓哉(4年・浦和学院)が三塁線を痛烈に破るタイムリー2塁打。さらに相手のミスからこの回もう1点を奪って2点差とした。

 だが、立大は7回裏に4番・山田がこの日2本目のタイムリーを放ち、さらに早大守備陣の乱れで計3点を追加し、終盤は継投で逃げ切り勝ち。ヒット数は立大10本に対して早大も9本と互角だったが、勝負どころの“あと1本”と前日に続いての“守備の乱れ”が勝敗を分けた。

 これで立大は4カードを終えて勝ち点3(6勝2敗1分)。早大は勝ち点1(3勝6敗2分)のままとなり、今季優勝の可能性が完全に消滅。それでも早大の小宮山悟監督は、最終週の早慶戦へ向けて「慶應にだけは負けるなと代々教えられてきた。強い相手ですけど、怯まず、立ち向かって、勝ちたいと思います」と気合を入れ直していた。

8回に投手交代を告げる早大・小宮山監督。早慶戦では意地を見せられるか

■早稲田大vs立教大2回戦
早大 000 002 010=3
立大 210 010 30X=7
【早】●中森、ユエン、清水大、伊藤大、原、鹿田-印出、栗田
【立】○島田、石元、宮、沖-黒岩

◎立教大・溝口智成監督
「先制、中押し、ダメ押しと結果的には理想的な試合展開でしたが、決して楽な試合ではなかった。(先発の島田は)ボールが定まらずに野手としては守りづらいとおもいますが、結果的にはちゃんとゲームを作ってくれた。優勝を意識した戦いの中で、連勝で次週(明治戦)へ繋げられたのは非常に大きい」

◎立教大・山田健太(4年・大阪桐蔭)
「昨日は野手が打てなかったので、自分のバットで先制点を挙げることができて良かった。まだつめないといけない部分はありますけど、守備から攻撃につなげる形ができている。優勝というものを目指してやってきた。トーナメントのつもりでやろうと言ってきた。厳しい試合にはなると思いますけど、来週も連勝して勝ち点を取れるようにしたい」

◎早稲田大・小宮山悟監督
「最初の法政戦からなかなか思うようにならなかった。もがいてもがいて、というところが続いている。秋に向けてのいろいろな課題を、それぞれ身に染みていると思う。まだ早慶戦が残っているので、いい形で秋につなげられるようにしたい。もっともっと鍛えないといけない部分が露呈している。いい形でディフェンスできれば、攻撃もできるようになる。(早慶戦へ向けては)慶應にだけは負けるなと代々教えられてきた。強い相手ですけど、怯まず、立ち向かって、勝ちたいと思います」

◎早稲田大・中川卓也(4年・大阪桐蔭)
「目に見えたものだけじゃなくて、目に見えないエラーもたくさんあって、そこから失点に絡んでいった。攻撃に関してはヒットも出ているので、自分たちのスイングをすれば、あとはつなぐ意識だけ。(早慶戦へ向けて)守備からリズムを作るということを2週間でどこまでできるかは分からないですけど、少なくとも意識は変えられる。もう1回、そこを強化していきたい。秋に向けても、早慶戦で勝ち点を取って、春を締めくくりたい」