5月10日、東京六大学春季リーグの第4週にて1勝2分けで未消化となっていた東大と早大の4回戦が行われ、早大が清水大成(3年・履正社)の好投などで5対1と東大を下して勝ち点を獲得した。

履正社で甲子園優勝を経験し期待の高かった清水だが3年春にしてようやく初勝利を掴んだ

 期待の左腕がようやく結果を残した。2019年夏の甲子園で4勝を挙げて全国制覇に大きく貢献したが、大学2年までわずか2試合2イニングの登板に終わっていた。
 今年は小宮山悟監督からエース候補として期待されていたが、オープン戦序盤で右足首を捻挫。全治6週間で開幕に間に合わず「焦る気持ちがありました」と振り返る。その期間は走ることさえできなかったが体幹強化に努め回復を待った。

 そして今日、先発の中森光希(2年・明星)が4回無失点と試合を作ると、5回から清水が登板。8回までの4イニングを投げて3安打と走者こそ出すものの無四球と安定した制球力を見せて東大の反撃を1点に留めた。

 打線も中村将希(3年・鳥栖)のタイムリーで初回に先制点を奪うと、印出太一(2年・中京大中京)や生沼弥真人(3年・早稲田実)のタイムリーなどで効果的に得点を重ねた。
 最後は伊藤樹(1年・仙台育英)が3人で締めて試合終了。2分けからのスタートと苦しんだ早大だったが立て直し、勝ち点を獲得した。

■東京大vs早稲田大4回戦
東大 000 000 010=1
早大 100 211 00X=5
【東】●鈴木健、松岡由、綱嶋、西山、齋藤-松岡泰
【早】中森、◯清水大、伊藤樹-印出

◎早大・清水大成(3年・履正社)
「怪我で出遅れてしまいましたが、なんとかチームに貢献したいという気持ちでした。初勝利は素直に嬉しいです。まだ高めに浮くところがあるので修正していきたいです」
 
◎早大・小宮山悟監督
「厳しい戦いから得るものがあって、練習からしっかりとした形になっていました。試合も落ち着いて戦えていたと思います。打線はようやく尻に火がついてきた。あとは蛭間待ちです」

小宮山監督から奮起を促された蛭間。打率.227、本塁打無しと、今季はまだ自慢の強打が鳴りを潜めている

今季初先発の鈴木健(3年・仙台一)だったが立ち上がりに失点を許し3回表の攻撃で代打を送られた

文・写真=高木遊