5月9日、東京六大学春季リーグ第5週3日目が行われ、明大が投打の軸となる選手たちの活躍で法大を2対0で下した。これで対戦成績は1勝1敗1分けとなり、優勝争いを大きく左右する今節の勝ち点の行方は4回戦に持ち越された。

完璧に近い投球でチームに勝利を呼び込んだ蒔田

 エース・蒔田稔(3年・九州学院)、4番・上田希由翔(3年・愛産大三河)という投打の軸が活躍した明大が戦績をタイに戻した。

 三者連続三振で試合を締めた瞬間、蒔田は力強くガッツポーズし雄叫びを挙げた。
 1回戦は齊藤大輝(4年・横浜)に同点本塁打を打たれて勝利に導くことはできなかったが、この日は「気持ちを切り替えて準備してきたことが出せました」とキレのあるストレートにスプリット、チェンジアップ、カットボールなどの変化球を織りまぜた。要所こそ三振を奪うスタイルで9奪三振、3安打で法大打線を封じ込めた。

 打っても、3回の先頭打者として安打を放って出塁すると、今季初めて4番に入った上田の2点タイムリーで先制のホームを踏んだ。援護はこの2点のみだったが「先発を任させてもらって試合の作り方が分かって強くなってきたと思います」と話す手応えそのままに自信を持って投げ抜いた。

 田中武宏監督は蒔田のことを「不器用だけど、その分覚えたことは忘れない」と話し、入学当初に課題だった守備などが確実に成長を遂げていることに目を細める。
また蒔田自身も「毎日、戸塚さん(助監督)に毎日ノックを打ってもらっているので」と感謝する。投球についても明大OBの柳裕也(中日)の動画を見て緩急の使い方や質の良い球の投げ方を学んでいるという。気迫と向上心あふれるエースの頼もしさは増すばかりだ。

 一方、法大は前日は投手の尾﨑完太(3年・滋賀学園)のタイムリーのみで、この日はわずか3安打と打線が湿りがち。加藤重雄監督は「明日は死に物狂いにならないと、今までやってきたことが無駄になってしまう」と危機感を募らせた。投手陣に関しては「明日は篠木で行きます」と予告。大黒柱の篠木健太郎(2年・木更津総合)にすべてを託す。

ピンチを切り抜け感情を発露する蒔田

■法政大vs明治大3回戦
法大 000 000 000=0
明大 000 200 00X=2
【法】●塙、尾﨑、石田、武冨-村上
【明】◯蒔田-蓑尾

◎明大・上田希由翔(3年・愛産大三河)
「どんな場面だろうと走者を返そうという気持ちで打席に入っています(目の前で宗山が敬遠され)なめられているなと感じました。打ててホッとしました」

タイムリーを放ち喜ぶ上田。今季あらゆる打順を任されており、田中監督から「長打力も走力もあるのでどこでも置ける」と信頼されている

好救援が続いていたことで先発に抜擢された塙雄裕(3年・常総学院)だったが、3回に3本の集中打を浴びて降板となった

文・写真=高木遊