5月2日、東京六大学春季リーグ第4週3日目が行われ、第1試合では法大が6対5の逆転サヨナラ勝ちで慶大に勝利し、勝ち点を挙げた。

勝利に喜ぶ法大の選手たち

 ここまでの2戦、ともにサヨナラで1勝ずつ挙げて迎えた3回戦。

 法大は3回1死、篠木健太郎(2年・木更津総合)の内野安打から1死満塁とチャンスを広げると、齊藤大輝(4年・横浜)の犠飛で先制。
なおも2死一、三塁の場面で浦和博(3年・鳴門)がタイムリー二塁打を放ち追加点を挙げる。
さらに暴投で3-0とし、6回には敵失で4点目を奪いリードを広げた。先発した篠木は8回に2ランなどで3失点するが、リードを保ったまま試合は9回へ。

 だがこの回から登板した塙雄裕(3年・常総学院)が9回2死から逆転2ランを打たれ、この試合初めてリードを許してしまう。しかし2戦連続サヨナラで決着したカードはこのままで終わらない。

 4対5で迎えたその裏、3四死球で2死満塁とすると押し出し四球で法大が同点に追いつく。
さらに「絶対に打ってやろうという気持ちで打席に入った」という齊藤大がレフトへタイムリーを放って逆転サヨナラ勝ちをおさめた。
これで3カードを終えた法大は4勝3敗、勝ち点を2とした。

サヨナラヒットを打ち喜ぶ法大・齊藤大輝

ピンチを脱して喜ぶ篠木と村上バッテリー。「同じ相手に2回負けちゃダメなんだと思って、向かっていく気持ちで投げられてよかった」と強気の投球が光った

 一方の慶大は初回、2回と先頭打者が出塁するも併殺打などで生かせず。
 再三、得点圏にランナーを置きながらホームが遠かったが8回、暴投で1点を返しなおも2死二塁から山本晃大(4年・浦和学院)がライトへ2ランを放ち1点差に迫る。

 9回は二塁打から2死三塁のチャンスに廣瀬隆太(3年・慶應)が逆転となる2ランを放って試合をひっくり返した。
しかし9回からリーグ戦初登板となった白木英稔(2年・慶應)が2者連続死球を与えて降板し、後を受けた外丸東眞(1年・前橋育英)が1アウトを奪ったものの、この回3人目の生井惇己(4年・慶應)がアクシデントで途中降板。浮橋幸太(2年・富岡西)も流れを止められず逆転サヨナラ負けを喫した。

慶大・廣瀬は「微妙だったので何とか入ってくれという気持ちでしかなかった」と打球を見送ったが、スタンドに入るとバットを投げて喜んだ

 堀井哲也監督は「選手はよくやったという一言ですね。(篠木投手は)いいピッチャーだったので後半勝負と思っていたので、よく逆転してくれました」と語り、今季初めて勝ち点を落としたが「次のカードに向けて準備するだけです」と前を向いた。

■慶應義塾大vs法政大3回戦
慶大 000 000 032=5
法大 003 001 002x=6
【慶】増居、渡部淳、橋本達、●白木、外丸、生井、浮橋-善波、宮崎
【法】篠木、○塙-村上
本塁打:慶大・山本(8回2ラン)、廣瀬(9回2ラン)

◎法大・加藤重雄監督
「信じられないぐらい粘り強く攻撃してくれたので、こうやって勝ち点を取れたことは一生の思い出になると思います。(サヨナラ打について)キャプテンの仕事をここでしてくれと思っていたら応えてくれたので、最高でしたね」