4月30日、東京六大学春季リーグ第4週1日目が行われ、第1試合では法大が4点差を跳ね返し、5対4で慶大にサヨナラ勝ちを収めた。

今季2本目となる同点3ランを放った法大・今泉

 法大は4点を追う5回、ヒットと四球で2死一、二塁のチャンスを作ると宮﨑秀太(4年・天理)のタイムリーで1点を返す。
続く6回には連打で無死一、二塁とすると、今泉颯太(3年・中京大中京)が3ランを放って同点とする。

 投げては6回から塙雄裕(3年・常総学院)、8回からは武冨陸(3年・日大藤沢)がそれぞれ2回を無失点に抑える好投で慶大打線に追加点を許さず。

2番手で登板した法大・塙。安定した救援陣に加藤監督も「自信をもって送り出せます」と太鼓判を押した

法大の3番手・武冨は好投でチームに勝利を呼び込み、自身も大学初勝利を手にした

 そして9回、法大は2本のヒットと四球で2死満塁とサヨナラのチャンスを作ると、打席には守備から途中出場の内海貴斗(3年・横浜)。加藤重雄監督から「どっしりと振っていけ」とアドバイスを送られた内海が、レフト前へ落ちるタイムリーを放って法大がサヨナラ勝ち。今春、リーグ戦デビューを果たした内海の大学初安打がチームに白星をもたらした。

嬉しい大学初安打がサヨナラ勝利の一打となった法大・内海は「チームが勝てたことに一番ホッとしているので、あとでゆっくり嚙み締めたいと思います」と喜んだ

 一方の慶大は4回、2死満塁から押し出し四球で1点を先制し、なおも続くチャンスに善波力(3年・慶應)が走者一掃の3点タイムリー三塁打を放って4点を先制するが、法大の粘り強い攻撃にリードを守り切れず。試合後、堀井哲也監督が「追加点を何とかと思っていた中、警戒はしていましたが攻略できなかった」と振り返ったように、法大の救援陣の前にホームが遠かった。
慶大は開幕から続いていた連勝が4でストップした。

■慶應義塾大vs法政大1回戦
慶大 000 400 000=4
法大 000 013 001x=5
【慶】増居、渡部淳、●橋本達-善波
【法】篠木、塙、○武冨-村上
本塁打:法政大・今泉(6回3ラン)

◎法大・加藤重雄監督
「あと一本が出ず残塁が続いていましたが、流れが変わらなければと思っていた中、値千金のホームランが出ました」

◎法大・今泉颯太(3年・中京大中京)
「(ホームランは)感触はよかったのですが、向かい風だったので『入るかな?』と思いながら走りました。追い込まれていたのですが、何としても次の塁に進めようという粘りが、変化球をうまくすくってああいう形になったと思います」

◎法大・内海貴斗(3年・横浜)
「チームのみんなが回してくれて、監督からも『どっしりと振っていけ』と言われたので、ボールは選ばず打てそうなところを初球から振っていこうと思っていました」