4月25日、東京六大学春季リーグ第3週3日目が行われ、第1試合では10安打7得点と打線がつながった慶大が7対4で立大に勝利し、勝ち点を2とした。

慶大・廣瀬は今季3号ソロを放ち、通算9本塁打とした

 慶大は初回、2死三塁から下山悠介(4年・慶應)がライトオーバーの二塁打を放ち先制。逆転された直後の3回には、2死無走者から朝日晴人(4年・彦根東)がライトスタンドへ、続く廣瀬隆太(3年・慶應)はレフスタンドへ飛び込む2者連続ホームランですぐさま同点とする。

 5回には1死二塁から萩尾匡也(4年・文徳)のタイムリーで勝ち越しに成功。さらに萩尾の二盗などで2死三塁とチャンスを広げると、荘司の暴投で萩尾が生還。2死無走者から廣瀬が四球で出塁すると暴投で二塁へ進み、下山の一塁ゴロが悪送球となり廣瀬が6点目のホームを踏んだ。

慶大・萩尾は3安打2打点の活躍を見せた

 先発した増居翔太(4年・彦根東)は5四球を出しながらも、6回3安打4失点と粘りのピッチング。7回からは橋本達弥(4年・長田)が無失点で投げ切り、慶大は昨日の引き分けを挟み、開幕からの連勝を4に伸ばした。

慶大・増居は「ストレートの質がここ最近ではよかった」と今日の投球を振り返った

 一方の立大は1点を追う3回、2四球などで2死一、三塁とすると宮﨑仁斗(4年・大阪桐蔭)がレフトへ3ランを放って逆転に成功。
しかしその直後に同点とされて迎えた5回、3つの暴投と2失策など守備が乱れて3点を失う展開に。6回には2四球とヒットで無死満塁と絶好の好機を作るも、犠飛で1点を返すにとどまった。
立大・溝口智成監督は試合後、「今日の試合だけで言うと、勝てる要素はないですね。諦めていたわけではないですが、厳しい展開でした」と手厳しかった。

■立教大vs慶應義塾大3回戦
立大 003 001 000=4
慶大 102 031 00X=7

【立】●荘司、宮、石元、沖-黒岩
【慶】○増居、橋本達-善波
本塁打:慶大・朝日(3回ソロ)、廣瀬(3回ソロ)
    立大・宮﨑(3回3ラン)

◎慶大・堀井哲也監督
「すぐに追いつけたということが非常に大きかったと思います。3回終わって振り出しという形だったので、もう1回チームとして『4回から新たに行くぞ』という効果があったホームランだと思います」

◎慶大・廣瀬隆太(3年・慶應)
「(ホームランは)朝日さんが打ったので、自分も続こうと思いました。カウント0-2で荘司投手の変化球が入っていなかったので、真っすぐが来ると思って1、2の3で振りました」