8回、「上がりすぎたのでセンターフライかと思った」と打球の行方を追う慶大・廣瀬

 

 

4月23日、東京六大学春季リーグ第3週1日目が行われ、第1試合では慶大が4対2で逆転勝ちした。

 立ち上がりから両チームともに走者を出しながらホームが遠い展開だが、立大が荘司康誠(4年・新潟明訓)のソロで均衡を破り試合の主導権を握る。

 対する慶大は2点を追う8回、2安打で1死一、二塁のチャンスの場面で打席には廣瀬隆太(3年・慶應)。この廣瀬が「待っていた」という高めのストレートを振り抜いた打球は、逆転となる3ランに。主軸の一振りで慶大が試合をひっくり返した。

じっくり打球の行方を見届けた後、廣瀬は笑顔でホームにかえってきた

 先発した増居翔太はほぼ毎回走者を出しながら、粘り強い投球で6回1失点。7回から救援した渡部淳一(4年・慶應)は1失点こそしたが、「自分の出来る範囲の準備をしてマウンドに上がれた。1点は取られたが切り替えて次の1点を取られなくてよかったです」と振り返り、今季初登板を白星で飾った。

 試合後、立大・溝口智成監督が「あの3回の内に1回でも出ていれば」と振り返ったのは3度の満塁好機。2回はヒットと2四球で、3回は2安打と四球、4回にはエラー、ヒット、四球で満塁の好機を作るがいずれも無得点。

 荘司の先制ソロが飛び出した次の7回には、タイムリー内野安打で追加点を奪うものの、8回から登板した島田直哉(4年・龍谷大平安)が痛恨の逆転3ランを浴び、3番手の宮海土(4年・國學院栃木)も追加点を許してしまった。

攻守に活躍を見せたものの勝利はならなかった立大・荘司

 今シーズンからは従来の勝ち点制が復活した。試合後、山田健太主将は「元から2連勝できる相手だとは思っていないので、3戦、4戦戦う気持ちで来ているので、本当に明日勝って3戦目につなげたいと思います」としっかり前を向いた。

■立教大vs慶應義塾大1回戦
立大 000 001 100=2
慶大 000 000 04X=4

【立】荘司、●島田、宮、沖-黒岩
【慶】増居、○渡部淳、橋本達-善波、宮崎
本塁打:慶大・廣瀬(8回3ラン)立大・荘司(6回ソロ)

◎慶大・堀井哲也監督
「立教の強力打線をよく2点で我慢しました。それが廣瀬のホームランにつながったと思います」

◎立大・溝口智成監督
「あの3回のうちに1回でも出ていればもう少し楽な展開になったと思いますが、攻撃的には押し切れなかったですね。実際に1本は荘司のホームランですし、つないで取った点はほとんどないので拙攻と言わざるを得ないですね。」

◎立大・荘司康誠
「序盤から球が上ずって、投げていく中で修正しようと思ったんですけど、それもなかなかうまくいかなくて。結果的に相手のバッターに助けられたんですけど、それでも0で、勝負どころでは投げ切ることができました」