※掲載期限切れのため動画は削除しました

4月15日埼玉アストライアと兵庫ディオーネの一戦は、淡路佐野第一球場にて開催された。

1回表、ディオーネ先発ピッチャー・泉の初球を、1番・海老がライト前に運びチャンスを作る。
その後、1アウト満塁で5番・今井がライトへ犠牲フライを放ち、アストライアが先制。

3回表にも、アストライアは2アウト一,三塁で、只埜がピッチャー強襲ヒットで追加点。2-0とする。
そのまま勢いづきたいアストライアは5回表に1アウト満塁で、再び只埜が打席に。
ここはスクイズ失敗で、アストライア追加点ならず試合は終盤へ。

反撃に出たいディオーネは6回裏、2死一,二塁のチャンスで6番・田中。
埼玉アストライアベンチも動き、投手交代。宮原から谷山へ繋ぎディオーネ打線を抑えにかかる。
この場面で田中の放った打球はライト前ヒットとなり、1点をディオーネが返す。

最終回、このまま逃げ切りたいアストライアであったが、
アストライア3番手ピッチャーの山本が捕まる。
ノーアウト二,三塁のチャンスを作られるとディオーネ2番・三原に犠牲フライを打たれ同点に。

試合は、このまま延長戦までもつれるも両チームリリーフ陣が踏ん張り、
このまま2対2、規定により9回引き分けで試合終了となった。