※掲載期限切れのため動画は削除しました

4月8日(土)、ヴィクトリアシリーズ 兵庫ディオーネVS埼玉アストライアの試合が川口市営球場で行われた。

投手戦となったこの試合、兵庫ディオーネは里、埼玉アストライアは宮原が先発。

初回から、両ピッチャーとも出塁は許すも後続打者を確実に打ち取って抑える展開となる。

ディオーネ・里は3回裏、アストライア打線に捕まり1死3塁とピンチを迎えるも、アストライア1番佐藤のスクイズを冷静に対処し、ここも無失点で切り抜ける。

試合が動いたのは、5回表。
ディオーネ9番・川崎が初球を左中間にスリーベースヒットを放ち先制。ディオーネがついに均衡を破る。
その後も里は丁寧なピッチングでアストライアに得点を許さない。

最終回、ディオーネ攻撃陣は里をさらに援護する追加点をあげる。
7番三浦が左中間を破るスリーベースヒットの後、続くみなみが三遊間へダメ押しタイムリーで1点を追加し、2-0とする。

そのまま、7回裏も里がきっちりと締め、無四球完封。
第5戦は兵庫ディオーネが埼玉アストライアに2-0で勝利した。