【スコア】
高知 3-2 明徳義塾

【得点者】
前半11分 0-1 森紺(高知)
後半13分 1-1 佐伯駿輔(明徳義塾)
後半29分 1-2 原山元(明徳義塾)
後半35分 2-2 谷日向太(高知)
後半AT 3-2 大久保天満(高知)

全国高校サッカー選手権大会・高知島県大会決勝が7日に行われ、高知と明徳義塾が対戦した。

2年ぶりの選手権出場を狙う高知が前年度県王者に挑んだ一戦は、激しい点の取り合いとなる。

前半11分、高知の1年生MF森紺が左からのハイクロスに打点の高いヘディングで合わせ、先制点をマークした。

高知の1点リードで折り返した後半、明徳義塾が同点に追いつく。カウンターからスルーパスに抜け出した佐伯駿輔が左足一閃。ゴールネットに突き刺し試合は振り出しに戻った。

その後、明徳義塾が逆転すると、高知が追いつき、互いに1点ずつを奪い合って迎えた後半アディショナルタイム。高知はコーナーキックを獲得すると、ニアサイドへのクロスを選択。これに1年生FW大久保天満がヘディングで上手く角度を変えると、ボールはゴールネットに吸い込まれた。

この1点で勝負あり。シーソーゲームを制した高知が、悲願の全国切符をつかんだ。