9月27日より、ヨルダンで開催される「FIBA女子アジアカップ2021」。女子日本代表は同大会で4連覇中だが、それに向けた強化合宿を現在行っている。史上初となるオリンピックでの銀メダル獲得を果たした女子代表が次に目指すのは、アジアの各国がまだ果たしたことがない前人未到の5連覇だ。

 ただし、東京五輪のチームからキャプテンの髙田真希、司令塔の町田瑠唯など7名が外れている。一方、今回主力となるのがキャプテンに指名された林咲希を筆頭に宮崎早織、赤穂ひまわり、オコエ桃仁花、東藤なな子の銀メダリストの5名と、西岡里紗、馬瓜ステファニー、山本麻衣の3x3代表組、さらにWリーグの若手を中心としたメンバーで大会に臨むことになる。

 またチームの指揮はトム・ホーバス氏から、長くアシスタントコーチを務めていた恩塚亨氏が引き継いでいる。その恩塚HCがリモートでメディア対応を行った。

 会見で、恩塚HCは現在のチームの出来を「オータムカップを経て70パーセントぐらいの仕上がりになってきたかな、という手ごたえは持っています」とコメント。さらに「まず、自分たちがやるべきこと、ここを強み、戦うポイントにして戦い抜くというビジョンの共有とその落とし込みができて、その強化を具体的に始めていける段階に来ていると感じています。あとはそれをやり込んでいく中で成果を上げるところまで来たので、残りの30パーセントをこの2週間弱で仕上げていきたい」と語った。

 オリンピック終了後、女子代表のメンバーはテレビの報道番組だけでなく、バラエティにも引っ張りだこの状況だ。この環境の変化について、「選手たちがいろんなメディアに出て活躍しているなかで、自分たちが見ていただける存在になってきている、自分たちの存在の意味や意義を考えているように見えます」と感想を持っているという。そして、それらが選手たちにプラスになっているかについても言及した。

「バスケットを見てくださっている方々に情報を発信したいっていう気持ちになってきている選手が増えてきているので、それはほんとに素晴らしいことだと思っています。選手と面談したときに困難の乗り越え方や自分自身の成長の仕方などを誇らしげに語ってくれて、それをバスケット界に届けたいと言ってくれたので、それは素晴らしいことだと思っていますし、そういう機会を増やしていきたいなと感じています」

 最後に恩塚HCは「目標は優勝です。それ以外考えていません」と笑顔で決意表明を行った。全員が3ポイントシュートを狙うホ−バス前HCのバスケとは違うスタイルでの戦いとなるが、反対にどのようなバスケを見せてくれるのかにも注目が集まる。