球団初のCS進出からさらなる飛躍を目指すベイスターズ。就任2年目のラミレス監督は、昨季自己最多の133試合に出場して11本塁打&19盗塁をマークした桑原将志のレギュラー起用を明言した。

一発もあれば足も使える桑原。本人は「(レギュラーを)直接言われたわけではないですけど」と前置きした上で「1番打者として全試合出て3割残してほしい、というのはいつも言われていますし、自分もそこは目指している。そこが伴えば、チームのために成績残せば結果もついてくると思います。後ろにいいバッターがいるんで塁に出られるように頑張りたいです」と意気込む。

DeNA打線の4番には、昨季の2冠王・筒香嘉智がどっしりと座る。初回に1番の桑原が出塁すれば、走者を置いて主砲に打席が回る。アップでは一際大きな声でチームを盛り上げる元気印。陽気な性格は打線の火付け役としてうってつけ。桑原が打線の鍵を握っている。