DeNAのドラフト9位ルーキー・佐野恵太の評価がうなぎ上り。第2クール終了時、ラミレス監督からも「目立った選手」として名前を挙げられた。

叔父に南海・ダイエーで活躍した佐々木誠氏を持つ強打が売りの大卒1年目内野手は、17日に行われたヤクルトとの練習試合で逆方向のレフトスタンドに豪快な一発。「びっくりしました。(野手の間を)抜けるとは思ったんですけど、(フェンスを)越えるとは思ってなかった」と全力疾走すると、「ワーって歓声が上がって」と弾丸ライナーのままスタンドに飛び込んだ。

目標とするのは「身近な存在だと叔父さん。チームメイトだと筒香選手。迫力ありますし勝負強いですし、そんなバッターになりたいです」と佐野。持ち前の打撃力を生かすためプロでは人生初の外野手にも挑戦中で、「めちゃめちゃ難しいです。内野と違って風見たり、内野以上にカウントによって守備位置が変わるのでコーチからも常に風、カウント、バッターの打ち方を見ておけと言われてます」と頭を掻く。キャンプ終盤を迎えると疲労はピークに達するが、表情は前向きだ。

佐野の出身校である明治大学は近年、毎年のようにドラフト上位で即戦力選手を輩出している。昨季のルーキーで言えば、阪神の高山俊と坂本誠志郎がドラフト1位&2位指名を受け、今年は2枚看板だった中日の柳裕也とヤクルトの星知弥がそうだ。ただプロに入ればライバル。「いいピッチャーが2枚いるのは心強かったですね。でも対戦した時は、柳も星も結構得意だったので対戦が楽しみですね」とニヤリと笑う。DeNAの支配下登録選手としては最下位指名、全体でも84番目に名前を呼ばれた男が、プロの世界で同期撃ちと下克上を狙っている。