「マイナビオールスターゲーム2021」が7月16日(第1戦=メットライフドーム)、17日(第2戦=楽天生命パーク宮城)で開催される。開催に先立ち、5月29日(土)から出場選手のファン投票が行われた。本日の中間発表は下記の通り。

6月2日発表分、
セ・リーグでは先発投手部門で2年目の森下暢仁投手(広島東洋)がトップ。外野手部門では佐藤輝明選手(阪神)が12球団最多となる4万7769票を集めた。

一方、パ・リーグは先発投手部門で、こちらも2年目となる宮城大弥投手(オリックス)が1位となっている。
2位には、8年ぶりに楽天へ復帰した田中将大投手(楽天)が後を追う。

6月20日(日)まで約1ヶ月間にわたって行われるファン投票。今年はどんなランキング変動があるのだろうか。

JERAセ・リーグ特設サイトはこちら

 


 

 

 

■選出規定数
ファン投票終了時点(6月20日(日))で本年度公式戦で以下のいずれかの規定数を満たしていること
・投手として5試合以上登板または10投球回以上
・野手として10試合以上出場または20打席以上