5月16日、東京六大学野球春季リーグの第6週2日目が行われ、第1試合では慶大が4対1で立大に逆転勝ちをした。

勝ち越し3ランを打ち、笑顔で戻ってくる慶大・正木

 慶大は1点ビハインドの6回、この回先頭の廣瀬隆太(2年・慶應)がライトスタンドへ同点ソロを叩き込む。8回には3番手の宮海土(3年・國學院栃木)から2連続四球で1死一、二塁のチャンスを作る。その後、2死とされるが、この日ここまで2打数無安打に抑えられていた、4番・正木智也(4年・慶應)が左中間スタンドへ飛び込む3ランを放ち、勝ち越しに成功した。

 投げては先発した増居翔太(3年・彦根東)が「後半勝負になると想定して、とにかく前半は粘って後半に最少失点でつなごうと思っていた」と振り返ったように、先制は許したものの、失点した後のイニングは無安打に封じる好投。7回3安打1失点と想定通りのピッチングで、2番手の橋本達弥(3年・長田)に託した。

 橋本達は代わった8回に無死一、二塁のピンチを招くが、後続を断ちリードを守り切った。これで慶大は勝ち点を7とし、残す早慶戦で1勝すれば3季ぶりの優勝が決まる。

 一方の立大は3回に内野ゴロで1点を先制したものの、その後はランナーは出すが決定打に欠き追加点を奪えず。
前日に2回6失点で降板した池田陽佑(2年・智辯和歌山)がこの日も先発。3回1安打無失点でプラン通りの継投に入ったが、2番手の栗尾勇摩(4年・山梨学院)が同点弾を浴びて3回1失点。3番手の宮も今季、防御率0.00と安定感抜群だったが、決勝3ランを献上してしまった。

慶大・廣瀬の同点弾は逆方向への一発

■慶應義塾大vs立教大
慶大 000 001 030=4
立大 001 000 000=1
【慶】○増居、橋本達-福井
【立】池田陽、栗尾、●宮、野口、石元-黒岩
本塁打:慶大・廣瀬《6回ソロ》、正木《8回3ラン》

◎慶應義塾大・堀井哲也監督
「我慢比べの試合をものにしてくれました。投と打の柱が役割を果たしてくれて、もちろん周りの選手もしっかりやった結果だと思いますしナイスゲームだと思います。目の前の試合、目の前のイニング、目の前のプレーに全力で臨むように、この2週間で習慣づけていきたいです」

◎慶應義塾大・正木智也(4年・慶應)
「増居が粘っていたので、何とかセカンドランナーの廣瀬を返そうと思って打席に入りました。打ったのはストレート。宮投手の一番いい球は真っ直ぐなので、それに絞っていいスイングができました。今季なかなか思い通りに打たせてもらえない中で、練習でバッティングピッチャーをやってくれた人やデータ班の人がいた中でホームランが打てて、その人たちがすごく喜んでいたのですごく嬉しかったです」

◎立教大・溝口智成監督
「本当に悔しいです。残りあと2試合やることには変わらないですが、優勝を目指していたチーム、今週までトップを走っていたチームとして悔しすぎる結果だと思います」

◎立教大・宮海土(3年・國學院栃木)
「結果はああなってしまいましたが、特段調子がよくないということはなかったです。いろんな人の期待に応えられなくて悔しいです」