5月15日、東京六大学野球春季リーグの第6週1日目が行われ、第2試合では15安打と立大投手陣を攻め立てた慶大が11対4で快勝した。

打撃好調で3番に座った慶大・福井は期待に応える4打点

 慶大は初回、2安打などで1死満塁とすると、下山悠介(3年・慶應)の2点タイムリーで先制。さらにヒットで1死満塁とチャンスを広げると、橋本典之(4年・出雲)の犠飛で3点目を奪う。続く2回には1死二、三塁の場面で、この日3番に起用された福井章吾(4年・大阪桐蔭)の3ランで6対0とリードを広げる。その後も朝日晴人(3年・彦根東)のタイムリー二塁打や渡部遼人(4年・桐光学園)のソロなどで小刻みに加点し、11得点と大勝した。

 序盤から大量の援護をもらった先発・森田晃介(4年・慶應)は「状態はいい方ではなかった」と振り返ったが、7回8安打ながら1失点と相手に流れを渡さず。生井惇己(3年・慶應)も2イニングともに走者を背負うピッチングだったが、タイムリーは許さずに逃げ切った。
これで慶大は6連勝で勝ち点を6とし、首位に浮上した。

慶大・森田は粘りのピッチングで今季2勝目

 一方、勝てば優勝に王手をかける立大だったが、初回から慶大打線につかまり追いかける展開に。攻撃陣は再三ランナーを出しながらも決定打に欠くシーンが続いたが、7回に2死無走者から3連打でチャンスを作ると、代打・柴田颯(3年・札幌一)のタイムリー内野安打で1点を返す。8回には代わった生井から東怜央(4年・福岡大大濠)が今季3号となるソロを放ち、9回にも連打などで無死満塁のチャンスを作るも内野ゴロと捕逸による2得点と攻めきれなかった。

■立教大vs慶應義塾大
立大 000 000 112=4
慶大 330 220 10X=11
【立】●池田陽、野口、小幡、荘司-黒岩、片山
【慶】○森田、生井-福井
本塁打:慶大・福井《2回3ラン》、渡部遼《7回ソロ》、立大・東《8回ソロ》

◎慶應義塾大・堀井哲也監督
「(福井の3番起用について)状態が非常に上がってきていることと、正木の前後が大事になる中で後ろには下山がいるので、福井を使ってみようと思いました。本当によく繋いでくれました」

◎慶應義塾大・福井章吾(4年・大阪桐蔭)
「(2回のホームランについて)打席に入る前、正木に『任せた』と言って打席に入りました。それぐらい後ろにいいバッターがいますので、割り切った結果がホームランになったと思います。インコースのストレートが絶対に来ると確信がありましたので、内のストレートを待って。この空き週にインコースを打つという特打の時間を監督が設けてくださってひたすら練習しましたので、練習の成果が出たなと思います」

◎立教大・溝口智成監督
「勝負にならなかったですね。どこが勝負所だったとかそういう話ではなくて、勝負になりませんでした。池田は球自体悪くなかったと思いますし、高かったのとちゃんとそれを打ち返された。選手はベンチ内でも気持ちが切れているということはなかったので、そこだけは明日に繋がるのかなと思います」