2日前にプロ初のブルペン投球を行ったヤクルトのドラフト1位左腕・寺島成輝投手が再びブルペン入り。捕手を座らせての投球に前回以上の手応えを口にした。

「傾斜を使って投げるので力も伝わりますし、キャッチャー座らせた方がボールにしっかり指かかりました。今日の方が全然かかりが良かったです。投げたボールとイメージするボールの一致したものも何球かあったので」

前回と同じく捕手を立たせたまま30球の投げ込みを行うと捕手を座らせた。威力抜群のクロスファイアから始まった投球はインコースに5球、アウトコースに5球、全てストレートでキレのある球を投げ込んだ。時期は未定ながら次回のブルペンでは変化球解禁の可能性もある。世代最強左腕がプロ初のキャンプで順調なステップを踏んでいる。