2021年5月8日、東京六大学野球春季リーグの第5週1日目が行われ、第2試合では東怜央(4年・福岡大大濠)の勝ち越し2ラン本塁打で立大が東大を4対2で下した。

早大戦に続く今季2号本塁打を放った東

 試合後に立大・溝口智成監督が「ほぼ(勝ち星を)落としたような試合でした」と振り返ったように、東大に対して最終回に入るまで苦しい試合展開を強いられた。

 5回に宮﨑仁斗(4年・大阪桐蔭)の適時三塁打で先制した立大。しかし、ここまで5試合すべてに先発している池田陽佑(2年・智弁和歌山)が6回と7回に東大打線に捕まり、逆転を許した。

 なんとか8回に相手のミスで同点に追いついたものの勝ち越しできず、嫌な流れになったのを一振りで払拭したのが東だった。
9回先頭の山田健太(3年・大阪桐蔭)がセンター前に安打を放って出塁すると打席には東。「良い形で後ろに繋ごうとコンパクトに振りました」と力みなく振り抜いた打球はレフトスタンドに突き刺さる勝ち越し本塁打となった。「打ったのはカーブ。よく伸びてくれました」と笑顔で振り返った。

 このリードを8回から登板した宮海士(3年・国学院栃木)が気迫あふれる投球で東大打線に反撃を許さず、4対2で東大を振り切った。

 東大は対早大2回戦で引き分けに持ち込むなど善戦が続くが、今日も白星はならず。井手峻監督は「練習でしてきたことは試合に出ている。ちょっとした綻びで勝利に繋がりません」と悔しそうに振り返り「あとはベンチ全体の“勝つんだ”という念力ですかね」と肩を落とした。また、主将の大音周平(4年・湘南)は「やることは変わらないので明日はしっかりと勝利を掴みたいです」と前を向いた。

東大は井澤駿介(3年・札幌南)が7回4安打1失点に抑えて接戦に持ち込んだ

■立教大vs東京大1回戦
立大 000010012=4
東大 000001100=2
【立】池田陽、石元、栗尾、○宮-黒岩、片山
【東】井澤、柳川、小宗、●西山-松岡泰
本塁打:立大・東(9回2ラン)

立大・宮が好救援し東大打線の反撃を絶った



文・写真=高木遊