運動通信社

Our Team

社員紹介

ウェブ開発部 部長
ウェブエンジニア

新屋 一徳

前の会社では、何をしていましたか?これまでの経歴や経験など教えてください。

新卒で鹿児島のシステム会社に入社し、主に基幹系システムの開発に携わり、保守開発やオンプレミス環境からクラウド環境へのリプレースなどを行っていました。それからWEB系の開発をやりたいと思い、上京してWEB系の受託開発を行っている会社に転職しました。そこではHP制作から社内チャットアプリ、予約管理しシステムなど色々な開発プロジェクトに携わらせていただきました。要件定義から製造、導入まで開発全体に関わらせていただくことが多かったので、お客様の要望をヒアリングして実現のために各領域のメンバーと連携を取りながら開発するといった感じで、いろんな人と関わりながら開発していました。

この会社に入ったきっかけ、魅力に感じた点を教えてください。

きっかけはエンジニアとして尖ったプロダクトを作りたいと思ったことです。スポーツというコンテンツは幅広いユーザーを持っており、影響力も強いものなので、世の中にインパクトのあるものを生み出せると感じました。
実際に面接で話を聞いたときも、プロダクトへの強い思いや絶対にやってやるという熱量を感じ、このメンバーとなら本当に大きなことができると感じました。どのメンバーもモチベーション高く、何事にも前のめりなので、遠慮せずいいと思うものを積極的に取り入れることもできるし、常にチャレンジできる環境なので、その点はとても魅力に感じます。

現在はどんな仕事に取り組んでいますか?やりがいはどんなところで感じますか?

現在は開発部門として主にアプリのバックエンド部分の開発やWEBサイトの開発に取り組んでいます。バックエンドの開発は地味なイメージかもしれませんが、各領域のメンバーとの接点も多く、サービスの全体を見渡しやすい面白い役割だと思い、やりがいを感じています。基盤の部分は全体を理解しておく必要がある責任あるポジションだと思いますし、その中でいかに良いものを作るためにいろんなことを考え実践していくというのは、作り手としても楽しい部分だと思います。また純粋にスポーツのライブ配信などで観て頂いた沢山の人たちから『ありがとう』と言ってもらえるのは、やって良かったと感じる瞬間でもありますし、とてもやりがいを感じています。

この仕事をする上で最も大切にしていることは何ですか?

常にプロダクトファーストであり続けることを大切にしています。自社サービスなのである意味ゴールが見えない中を走り続けていると思っていますし、そこで妥協すればありきたりなものしか出来上がらず、正直この仕事をやっている意味もないと思います。見えている要件や機能はあくまでも目安でしかないので、それを作ればゴールなどとは考えず、多くの人に使ってもらうにはどういうものを作るべきかを考えてブラッシュアップし続けていくべきだと思っています。そうやって取り組むことで余計なことに惑わされず、本当に良いものを作っていけると考えています。

どんな人と一緒に働きたいですか?あるいは、どんな理念を共有したいですか?

世の中にインパクトを与えるものを作りたいという思いのもと、自分の意思を持って主体的に動けるような人と一緒に働きたいです。常にチャレンジし続けないといけない仕事ですので、自分で考え、実現のために積極的にいろんなアプローチをとっていける人は活躍できる環境だと思いますし、そういうメンバーが多く集まることでより面白いものを作っていけると思います。弊社は「日本を世界が憧れるスポーツ大国にする。」というビジョンのもと、日々チャレンジを繰り返しているので、その理念とサービスにかける熱量を共有したいと思っています。

contact

お問い合わせ