セレッソ大阪は13日、U-20日本代表MF喜田陽の負傷を発表した。

クラブの発表によると、喜田は3日のトレーニング中に負傷したとのこと。検査の結果、右足関節じん帯損傷と診断され、全治は5〜6週間とのことだ。

喜田はC大阪U-12から下部組織で育ち2018年8月にトップチーム昇格。2019シーズンはアビスパ福岡へ期限付き移籍していた。

C大阪では明治安田生命J3リーグを戦っていたU-23チームをメインに活動。今シーズンはまだ出場機会がない。