2021年4月11日、東京六大学野球春季リーグの第1週2日目が行われた。第2試合は早大と東大の投手戦が繰り広げられ両者引き分けに終わった。

早大の強力打線に果敢に挑み5回2安打無失点に抑えた小宗

 小宗創(4年・私立武蔵)の変幻自在の投球が東大を7季ぶりの勝利一歩手前まで導いた。

 東大先発の西山慧(3年・土浦一)が毎回のようにピンチを背負いながらも3回まで無失点で凌ぐと、4回からは変則のサイドスロー左腕・小宗がマウンドへ。「早大に左打者が多い中でスライダーとインコースのストレートを有効に使えました」と振り返ったように、コースを広く使い、投球のテンポも絶妙に変える投球で早大打線を手玉に取っていった。8回には味方の失策からピンチを招いたが「代わって入った下級生のミスだったので自分が抑えないと悪い流れになってしまう」と気持ちを切り替え、空振り三振と三塁ゴロで危機を脱した。

 さらに9回2死二塁のピンチでは前日に本塁打を放っている蛭間拓哉(3年・浦和学院)を迎えたが「勝負した方が裏の攻撃に勢いが出る」と果敢に勝負に挑み、最後はアウトコースのスライダーで空振り三振。得点を許さず引き分け以上を確定させた。

 打線がこの力投に応えたいところだったが、早大の先発・西垣雅矢(4年・報徳学園)と9回に登板した守護神・山下拓馬(4年・早大本庄)の前に2安打で抑えられた。最後も2死二塁のチャンスを作ったが、あと一歩及ばず。昨秋の対立大1回戦に続く引き分けに終わった。

 試合後は両校とも悔しさを隠しきれなかった。早大・小宮山悟監督は西垣については「しっかり投げてくれて気持ちも入っていました」と労いつつも、攻撃面では「指導力不足。この期に及んでサインを理解していないケースがありました」「このタイプの投手はなかなか練習できないが、打てない球ではない」と不満を漏らした。

 東大主将の大音周平(4年・湘南)も「投げる方に対して打つ方がダメでした。(分析などをしてくれる)学生コーチたちの頑張りに応えることができませんでした」と笑顔は一切なかった。

「苦しい試合でしたが、なんとか盛り立てようと投げました」と早大・西垣。8回2安打無失点に抑えた

■早稲田大vs東京大2回戦
早大 000 000 000=0
東大 000 000 000=0
【早】西垣、山下-岩本
【東】西山、小宗-松岡泰

引き分けに持ち込むも勝利を逃し悔しそうな東大の選手たち

文・写真=高木遊