JR大分駅前の「おおいたいこいの道」周辺に設定された特設サーキットを舞台に、おおいたいこいの道クリテリウムが10月3日に開催された。このレースはUCI(世界自転車競技連合)公認の国際レースとして開催される予定だったのだが、新型コロナウィルス感染拡大を受け、国際レースとしての開催が難しくなり、急遽国内のリーグ戦であるJBCFシリーズの最上位リーグ、Jプロツアー内の1戦として形式を変え、開催されたものだ。

JR大分駅は1日の乗降客数がおよそ1万9,000人(平成30年度)という基幹駅。これほどの主要駅の目の前の公道を交通封鎖し、レースが行われるというのは、日本国内ではごく稀なケースである。
例年、多くのグルメブースが並び、ゲストを招いてのステージイベントや、テレビ中継も入り、華やかな演出が行われ、多くの市民が集うレースを核とした一大イベントとして開催されてきた。今年は開催自体も危ぶまれたのだが、大会を支える大分市のスタッフたちの尽力により、急遽国内レースとして形式を変え、開催の継続が実現することになった。


佐藤樹一郎大分市長も大会の記念Tシャツを着てあいさつに登場


スタートラインに並ぶ選手たち

シーズンも大詰めとなり、リーグの首位である証「リーダージャージ」の行方が気になるところだが、次点を争う増田成幸(宇都宮ブリッツェン)は五輪出場権を得るためのポイント獲得を賭け、海外遠征に出ることになり、今後のJプロツアーレースは欠場となったため、ここ数戦の走りっぷりと、チームの鉄壁の体制を見る限りでは、現在ジャージを着るレオネル・キンテロ(マトリックス パワータグ)のジャージ獲得が濃厚になってきた。
とはいえ、次点にはベテランながらキレのある走りをみせるトマ・ルバ(KINANCyclingTeam)が迫り、調子を上げている大前翔(愛三工業レーシングチーム)も僅差で3位につけている。まだまだそれぞれの差が小さく、最終的なリーダージャージの行方はわからない。
このレースで使用されるコースは1周1kmとコンパクトなもの。一般公道を交通封鎖して設営される。コースは、折り返し1箇所を含む5つのコーナーと、ホームストレートに続く緩い右カーブで構成され、選手にとってはテクニカルな要素の強いコースであるが、アップダウンがなく平坦であり、これまで高速レースが展開されてきた。
駅前というアクセスの良さもあり、例年コース沿いは観客で埋まり、サーキットは歓声と拍手に包まれていたのだが、今年は一般市民の方は、原則的には観戦を控えるという体制となっており、静かなスタートを迎えることになった。


スタート前のコールに応えるレオネル・キンテロ(マトリックス パワータグ)


選手たちがスタートしていく

最前列にはリーダージャージを着るキンテロや、U23のリーダージャージを守る織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)が並ぶ。気温は27℃を超え、夏のような熱気の中、45周、45kmのクリテリウムがスタートした。


阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)と大前翔(愛三工業レーシングチーム)が先頭を行く


コーナーの多いテクニカルなコースを選手たちは高速で駆け抜けていく

スタート直後から、リーダーであるキンテロを擁するマトリックスパワータグがレースをコントロールすべく、集団先頭に集まる。5周目に阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)と大前翔が集団から抜け出し、マトリックスもこれを容認。前方を行くことになった。とはいえ、マトリックスはこの2名をいつでも捕えられるよう、タイム差をきっちり10秒前後にキープしたまま、周回を重ねていく。


メイン集団をコントロールするマトリックス


大分市出身の黒枝士揮(TEAM BRIDGESTONE Cycling)と弟・黒枝咲哉(シマノレーシング)

勝利を飾りたい地元大分市の出身である兄・黒枝士揮(TEAM BRIDGESTONECycling)と、弟・黒枝咲哉(シマノレーシング)の黒枝兄弟が所属する2チームは、レースをコントロールするマトリックスの後ろにつけ、チャンスを狙うが、鉄壁の体制を崩すチャンスを見つけられない。
終盤に近づき、このレースの勝利を狙いたいスプリンターを擁するチームが前方に上がってくる。マトリックスはコントロール体制を譲らないまま、ペースアップし、残り4周で前方2名を吸収。さらにペースアップをし、集団から選手たちをふるい落としていく。


2名の後ろに集団が迫る

最終周回に入ると、スピードマンを多く抱えるTEAM BRIDGESTONE Cyclingが前方に上がり、集団先頭を奪い、さらに加速。勝負はスプリント勝負に持ち込まれることになった。リーダージャージを着るキンテロの後ろから沢田桂太郎(TEAM BRIDGESTONE Cycling)が迫り、中島康晴(KINAN Cycling Team)も並びかける。


スプリントを制したのは沢田桂太郎。自身初のJプロツアーでの勝利となった

フィニッシュライン上でハンドルを投げ合う僅差の勝負となったが、ガッツポーズしたのは沢田。Jプロツアーでの初勝利となると同時に、チームにとっても今季初勝利となった。前年度の大会はJプロツアーとしての開催ではないが、同チームの今村駿介が優勝を飾っており、チームが連覇を果たす形となった。


スプリントで競り合った3名が表彰台に並ぶ

この日レースを担っていたという沢田は表彰台で、Jプロツアーで1勝したかったという願いが叶った喜びを語るとともに「クリテリウムという自分の得意分野で結果を出せた」とレースを振り返る。また、このハイスピードのレースを連覇できたことで「チームのスピード力を示すことができた」と語った。翌日の開催が予定されているロードレースへの抱負でインタビューを締めくくった。


インタビューを受ける沢田桂太郎


リーダーはキンテロ、織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)がキープ

リーダージャージは、この日も2位を獲ったキンテロが、さらに今季のリーダー確定に向
け、ポイントを積み上げた。この日4位に入った大前がランキングを上げ、2位に浮上し
ている。U23は変わらず織田がキープ。残すはあと2戦だ。

***************

【結果】おおいたいこいの道クリテリウム 45km
1位/沢田桂太郎(TEAM BRIDGESTONE Cycling)1時間1分22秒
2位/レオネル・キンテロ(マトリックスパワータグ )+0秒
3位/中島康晴(KINAN CyclingTeam)+0秒
4位/大前 翔(愛三工業レーシングチーム)+0秒
5位/横塚浩平(TeamUKYO)+2秒
6位/孫崎大樹(TEAM BRIDGESTONE Cycling)+3秒

【敢闘賞】
大前翔(愛三工業レーシングチーム)

【Jプロツアーリーダー】
レオネル・キンテロ(マトリックスパワータグ )

【U23リーダー】
織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)

画像提供:一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)