フィギュアスケートの平昌五輪銀メダリスト・宇野昌磨がプレミアム音声サービス「NowVoice(ナウボイス)」を更新し、3月末にあった世界フィギュアスケート選手権を振り返った。

■「世界選手権」の音声は【こちら】から。この投稿は4月3日午前10時まで無料で聴くことができます。

宇野は世界選手権でショートプログラムは6位と出遅れるものの、フリーで立て直し4位に入った。「特殊な環境の中、無事終えることができてホッとしています。演技もその時できるベストだったんじゃないかと思います。練習では本当に跳べていなかったので」と本音を吐露した。

選手権での他の日本人選手の演技についても触れた。初出場で2位と大健闘した鍵山優真については「本当にうまいですね。ジャンプの質とか、僕にないものをちゃんと持っている」と讃える。また、ショートプログラムで圧巻の演技を見せた羽生結弦は「素晴らしかったですね。試合が終わった後に話しかけてくれて、すごく嬉しかった。ちょっと戸惑ってしまって口数が減ってしまったんですけど、普通に喋ることができてよかったなあと思ってます」と交流を喜んでいた。

宇野は羽入らと共に世界国別対抗戦(15〜17日)に出場する。息つく間もなく次の本番を迎えるが、「チーム戦なので足を引っ張ってはいけないというのはあるんですけど、挑戦する場にしたいなと思っています。対抗戦に出る決断をしたのも、色んなことに挑戦してみたい気持ちが強かったので」と決意を明かしていた。

■「NowVoice」について
「NowVoice」は、世の中に強い影響力を持つ、アスリートをはじめとした各界のトップランナーの音声が、月額980円(税込)で聴き放題となる定額制のプレミアム音声サービスです。トップランナーの「声」は、何気ない一言でもヒトの人生を変える力があります。トップランナーたちの本音の「声」を直接ユーザーに届けることで、人生をより楽しく、元気に、幸せにする「きっかけ」の創出を目指しています。

サービスURL:https://voice.nowdo.net