第93回選抜高校野球決勝、初優勝目指した明豊は東海大相模に惜敗

 誰かの為に頑張る人は本当に強い。明豊(大分)のエース・京本眞投手は聖地・甲子園での投球を捧げたい人がいた。難波創平さんは京本の従弟。「創平も野球を昔やっていたのでほぼ毎日キャッチボールをしてもらっていました。ほんまのお兄ちゃんみたいな感じでしたね」。そんな創平兄ちゃんとの急な別れは、くしくも夢を抱いて入学を決意した明豊の入学試験の日だった。【市川いずみ】

 交通事故。まだ19歳の若さだった。「目標を見失うというか、一気に頭が真っ白になって、野球のことすら考えられない。2週間くらい外にも出られませんでした」。試合会場が遠くても、いつも足を運んで応援してくれた。もう一緒にキャッチボールをすることはできないけれど、可愛がってくれた創平兄ちゃんのためにできることは何かを考えたという。

「暗い表情をしていたら創平も悲しむと思いました。誰よりも努力して有名になってプロ野球選手になって、天国で良い姿を見てもらえるように頑張ろうって思います」

 エースの座を掴んで挑んだ初めての甲子園。「甲子園も創平がどこかから見てくれている」と気合を入れた初戦の東播磨(兵庫)戦。先発マウンドに上がるも「力んで空回りしてしまった」と振り返ったように2回1/3を投げ4失点で降板。「不甲斐ないし、情けない」と反省の言葉が並んだ。

 2回戦・市和歌山戦では登板はなく、次のマウンドは準々決勝・智弁学園(奈良)戦の先発マウンドだった。

 初戦とはまるで別人。小気味よく智弁打線に投げ込んでいく。任された3回を2安打無失点に抑えベスト4進出への流れを作った。準決勝の中京大中京(愛知)は6回からマウンドに上がり、3回1/3を投げ1失点。相手打線を抑え込み、チームを初の決勝戦に導いた。

決勝戦は同点の8回に登板、しかし、サヨナラ負け…

 いよいよ迎えた東海大相模(神奈川)との決勝戦。出番がやってきたのは2-2の同点で迎えた8回だった。創平兄ちゃんに届ける好投を。“創平とともに”と記した帽子、そして刺繍を施したグラブを手に、日本一へ向けてのマウンドへ上がった。

 1死を奪った後、5番百瀬、6番佐藤に連打を許すも続く、7番小平を併殺打に打ち取り、ピンチを凌いだ。明豊の9回表は無得点。黄色のグラブをギュッと握った。先頭の8番深谷に内野安打を許すとその後申告敬遠などで1死満塁。甲子園で投じた174球目。前進守備の遊撃手のグラブを弾いた白球は無情にも黒土の上に転がった。「ごめん、ごめん……」。整列時には俯きながら謝ることしかできなかった。それでも閉会式ではしっかり前を見据える京本の姿があった。

 大会を通じて、マウンド以外でも京本の姿がよく目に留まった。初戦で降板した時から、ベンチにいるときは常に1番に野手を迎え、打席に向かう選手のサポート、伝令。投げるだけではない、エースのあるべき姿を見せていた。創平兄ちゃんはきっと笑顔でこう言ってくれただろう。

「準優勝おめでとう!」(市川いずみ / Izumi Ichikawa)

市川いずみ(いちかわ・いずみ) 京都府出身のフリーアナウンサー、関西大学卒。元山口朝日放送アナウンサー時代には高校野球の実況も担当し、最優秀新人賞を受賞。NHKワースポ×MLBの土日キャスター。学生時代はソフトボールで全国大会出場の経歴を持つ。