エース左腕・石田は5回2死一、二塁のピンチで救援登板し無失点

 第93回選抜高等学校野球大会は1日、決勝が行われ、東海大相模(神奈川)が劇的なサヨナラ勝ちで明豊(大分)を3-2で下し、10年ぶり3度目の選抜制覇を果たした。1975年の原貢氏、原辰徳(現巨人監督)も成し得なかった“親子鷹V”を、門馬敬治監督と次男・功が達成した。

 試合は2-2の同点のまま決着がつかず、延長戦へ突入。10回1死二塁のピンチを凌いだ東海大相模はその裏、先頭の深谷謙志郎がセーフティーバントを決めて出塁。石田隼郎の犠打、門馬功への申告敬遠、綛田小瑛の四球で満塁のチャンスを作ると、最後は小島大河がサヨナラ適時打を放って激戦に終止符を打った。

 10年ぶり3度目の選抜優勝に導いた東海大相模の門馬監督は優勝インタビューで「粘り勝ち、最後の最後までしぶとく執念を持って戦った。このチームの全てを物語ったと思います」と振り返り、この日は3番手として投入したエースの石田への継投について「最後は石田という風に決めて甲子園にきた」と振り返った。

 大塚瑠晏主将が急性胃腸炎のため大会途中から大阪市内の病院に入院。主将が不在の中での戴冠に指揮官は「大塚も今病気と戦っています、我々はグラウンドで戦った。大塚は病院のベットで戦っている、大塚も戦っていてくれた」と語っていた。(Full-Count編集部)