明豊は背番号「1」の京本、「10」の太田の“2枚看板”

 第93回選抜高校野球大会が開幕した。大会3日目(21日)に東播磨(兵庫)と対戦する明豊(大分)にはプロ注目の2投手がいる。最速143キロを誇るエース右腕の京本眞と、今大会トップの奪三振率13.36を誇る左腕・太田虎次朗。2人は切磋琢磨しながら甲子園へやってきた。巨人・太田龍投手を兄に持つ左腕に思いを聞いた。【市川いずみ】

 これほどまでに独特の間を持つ選手は初めてだった。1つ質問を投げかけると、少なくとも5秒は考える。口を開くと、ゆっくり言葉を紡いでいった。おそらくこの「間」の取り方はマウンドでも大きな武器になっているのだろう。

 太田虎次朗は最速141キロの左腕。昨秋は公式戦6試合に登板し48奪三振、奪三振率は13.36と今大会出場選手でトップだ。兄は巨人の太田龍だが、“プロ野球選手の弟”ではなく、太田虎次朗として今大会注目投手の一人として名前が挙がっている。

 しかし、背中に背負うのは1番ではなく10番だ。1番を背負うのは京本眞。太田・京本の左右2本柱ではあるが「1番をとりたいという気持ちはある」とライバル心を露にする。

 ハキハキ話す京本と、ゆっくり話す太田。話していても対照的だが、太田はこの性格の差が自分がエース番号を貰えない原因ではないかと分析する。「自分は気持ちがまだ弱いところがあって投げていて不安になるときがありました。京本は自信を持って投げられていると思います」。

 不安な気持ちが少しでも顔を覗かせると、ストライクが入らなくなるなど投球に影響が出る傾向があったという。太田から京本へ継投する際は「マウンドで『任せろ』って強気なことを言ってくるんです」。実際に口にできるところにエースたる所以を感じていた。

甲子園交流試合登板で成長「もう1回あそこで投げたい」

 初めて背番号をもらったのは大舞台だった。「入学してすぐに肩を怪我しました。張り切りすぎて投げすぎました(笑)」。入学直後は3か月ほど投球できなかったが、故障の過去を笑って話せるのも聖地・甲子園のマウンドを経験できるまで成長できたこともあるだろう。

 昨年夏に甲子園で行われた交流試合・県立岐阜商業戦。太田は10番を背負って憧れのマウンドに立った。9回に登板して1イニングを1安打1失点で勝利に貢献。このマウンドが太田の“弱気”を払拭してくれた。

「試合が始まるまでは緊張して、興奮していました。ここが目指してきた場所なんだなと改めて実感して、いい経験が出来ました」。試合が始まると先輩たちの「楽しめ」という一言で緊張がほぐれ「楽しく投げられた」と振り返る。

「もう1回あそこで投げたいなという気持ちも湧いてきましたし、新チームになってから自信を持って投げられるようになりました」。甲子園は成長できる場所というが、まさにそこで自信をつけ、練習での意識も見違えるほど変化した。

 ブルペンではこれまで単にミット目掛けて投げていたが、常に走者を背負った場面を想定。配球通りにボールが行かない場合はそこにいくまで投げ込んだ。ブルペンで京本と並んで投げると「いいボールを投げようという気持ちはちょっとありますね」と日々刺激を受けて高め合っている。

“大丈夫”。帽子のツバの裏には、不安な自分に言い聞かせるようにこう書かれている。しかし昨夏、聖地で自信をつけた太田にはもうこの言葉は必要ないかもしれない。(市川いずみ / Izumi Ichikawa)

市川いずみ(いちかわ・いずみ) 京都府出身のフリーアナウンサー、関西大学卒。元山口朝日放送アナウンサー時代には高校野球の実況も担当し、最優秀新人賞を受賞。NHKワースポ×MLBの土日キャスター。学生時代はソフトボールで全国大会出場の経歴を持つ。