『特集:球春到来! センバツ開幕』

3月19日、2年ぶりとなるセンバツ大会が開幕する。スポルティーバでは注目選手や話題のチームをはじめ、紫紺の優勝旗をかけた32校による甲子園での熱戦をリポート。スポルティーバ独自の視点で球児たちの活躍をお伝えする。



制球力と精度の高いカットボールが持ち味の明徳義塾のエース左腕・代木大和

【球速全盛時代に背を向ける左腕】

 高校野球でひと昔前は夢の世界だった「150キロ」がいまや日常風景となっている。

 今年のセンバツ出場校の投手陣では、右腕だと関戸康介(大阪桐蔭3年)の最速154キロを筆頭に、小園健太(市立和歌山3年)は152キロ、畔柳亨丞(中京大中京3年)も151キロ。左腕でも大阪桐蔭のエースナンバーを背負う松浦慶斗(3年)が150キロ......。

 その中で、あえて"球速全盛時代"に背を向けるエースが「野球の島」四国の代表校に存在する。

 男の名は明徳義塾3年の左腕・代木大和(しろき・やまと)。184センチの長身から放たれるストレートの球速は今年2月の紅白戦でようやく140キロに到達。しかし、普段は130キロ前半。にもかかわらず、昨秋は公式戦7試合7完投4完封・62回を投げて防御率0.58。侍ジャパンU−18代表監督を兼任する明徳義塾・馬淵史郎監督が「代木に尽きる」と表現したとおり、愛媛県四国中央市で育った彼は、チームを四国大会優勝に導く八面六臂(はちめんろっぴ)の活躍を見せた。

 特に圧巻だったのは高知県大会の決勝戦。ドラフト上位候補の最速151キロ右腕・森木大智(高知3年)との対決で延長12回・170球を投げて日没引き分け再試合(1対1)に持ち込むと、中1日での再試合も105球で5安打完封。再試合は登板を回避した森木をして「さすが明徳義塾のエースと思った」と言わしめる堂々たるものだった。

 では、なぜ代木がこのような実績を残すことができるのか? その明確な答えは3月12日、意外なところから明らかになる。

【高校生離れした「クレバーさ」の秘訣】

 この日行なわれたのは3月19日のセンバツ初日第2試合を戦う明徳義塾と仙台育英の両監督によるオンライン対談。甲子園大会51勝の馬淵監督が「パワーもスピードも向こう(仙台育英)が上」と予防線を張るのに対し、中学軟式野球監督のトップランナーとして存在感を示し続け、2018年から母校・仙台育英の監督に就任した37歳・須江航監督は代木について、このように高い評価を与えた。

「代木くんは右打者へのカットボールが秀逸である点と、左打者に対する外(アウトコース)の出し入れが高校生レベルでない、社会人に近いクレバーさがある」

 ストレートとほぼ同じ球速でホームベース付近で急速に落ちるカットボールと、昨秋も62回で10四死球、1試合平均で1.45の低い与四球率。これが彼のピッチングを支えている。

 ただ、もうひとつ代木には強みがある。たとえば、3月7日の練習試合。わずか99球で昨秋香川県王者の藤井学園寒川を完封した後の代木のコメントはこうだ。

「今日は、高さはともかくコースを意識した投球を心がけました。冬は球速を意識しすぎて状態を崩した時期もあったんですが、力感、身体の使い方はつかめた部分もあります」

 この冬は73キロから85キロまで増量に成功した身体を強く、かつ柔らかく使うトレーニングに取り組みつつ、「身体の近くから上げ、背中から入りすぎない」トップの作り方の研究にも着手。センバツでは「相手を見ながら自分の投球をする」ことを目指し、練習試合では「引き出しを多くするようにあえてストレートを連投したり、カーブを入れてみる」点にも気を配っている。

 馬淵監督も「旧チームから地道に身体づくりをしてきた」と認める野球への実直な取り組みと、「打てなくても勝てる。打ったら大差で勝てるように。勝つために戦う」という明徳義塾の環境で培われた細部に渡る勝利への方程式づくり。これが「コントロール左腕」代木の源流である。

【仙台育英戦突破の先に見据える「2つの夢の実現」】

 こうして昨秋からスケールアップして迎えるセンバツの舞台。明徳義塾の生命線となる代木は「球速は出したいですよ」と本音を交えつつ、こう決意を語る。

「甲子園だからといってやることを変えず、自分たちの野球をしていきたい。ストレートもスピンが効いてレベルが上がってきていますが、僕が秋に勝てたのはコントロール。高知戦もそうだったように平常心の中で相手より強い気持ちを持ち、コントロールで勝負する。コロナ禍でも野球ができることに感謝して、監督、コーチ、保護者に恩返しする想いで、まずは仙台育英戦に全力を尽くしたいですね」

ーーでは、その先に見据えるものとは?

「チームとして目指しているものは全国制覇。僕はチームがいかに勝てるかを考えてずっと投げてきた。その結果として自分が目指している『高卒プロ入り』が叶えばいいと思っています」

 高校野球の原点「For The TEAM」を体現する代木大和。その左腕で2つの夢を実現する戦いが、始まろうとしている。