高校通算30本塁打の前川右京外野手に小坂監督「飛ばす力は和真よりある」

「飛ばす力は岡本(和真)よりあるかもしらん」――。智弁学園の小坂将商監督が入学時から認め続けるスラッガーが高校通算30本塁打の前川右京だ。177センチ、90キロ。三重県にいる母から送られてくる手作りハンバーグをお供に補食を摂り鍛えた体は、グラウンドでもひときわ目立つ。【市川いずみ】

 取材日だった2月中旬のある日の練習では「意識している逆方向」、120メートル以上先にあるバックスクリーン左を悠々と超える打球を放っていた。前川のパワーを象徴するのは飛距離だけではない。

「ここにあるわ~!折ったバット!」

 井元康勝部長が見せてくれたのは“折れた金属バット”。金属バットが折れるなんて聞いたことがなかったが、よく見てみると縦に綺麗にヒビが入っている。

「真芯でとらえても抜ける感じです。捉えた感触はあるんですけど、当たった瞬間に軽くなります。インパクトの時にしっかり力が入ってるからその衝撃で折れてるんだと思います」

 金属バットが折れたことを冷静に分析する前川だが、驚いたのがこれが1本ではなくもう20本以上も折っているということだ。「周りも『またか!』って感じですね」奈良県五條市では当たり前の光景となっているのかもしれない。

 秋の大会は公式戦9試合で打率は4割ちょうど。3番打者として「どういう状況であっても最低5割は打ってチームを勢いづけるバッターにならないといけないと思っていて、まだ詰めの甘さが出ていたというか準備の甘さが出ていたと思います」と全く納得がいっていない。

甲子園のバックスクリーンに放り込むイメージで練習中

 そこでこの冬に取り組んだのがフォームの微調整だ。

「今は甲子園のバックスクリーンに本塁打を打つために無駄のない動きをやって、ボールを引き寄せて強く振るっていうことを意識してやっています」

 甲子園では1年夏と昨夏の交流試合で4番を任され共に安打を記録するも本塁打は生まれていない。バッティングの動作に必要のない動きがあり、遅れて差し込まれたりすることが多かった。

「監督さんから寝かせてそのまま入っていけるようにということを教えていただいてそれを実行しています」

 スイングの軌道にすぐにバットを入れられるようにした。さらに前川は憧れの先輩との大きな違いを改善しようと下半身の使い方も再確認したという。

「岡本さんは柔らかく打っているけど、自分はかたいというかバッティングに柔らかさがないと監督に言われていたので、柔らかさを大事に。なんでも力任せにいかずに下半身からしっかり打てるように意識しています」

 夜の自主練習が終わっても前川の1日は終わらない。就寝前の自室でのストレッチ時間を大切にしている。

「過去の自分と今の自分の違いを大事にしているんで、今は何が違うとかそういう成長をみるためにメモをとっています」

 その日の練習動画を繰り返し見る。修正が必要ならばその時間からでももう一度バットを握り、納得いくまで振り続ける。有意義なストレッチ時間は股関節の柔らかさももたらし、つっぱりがなくなってスムーズに下半身が回転するようになったという。

 プロ野球選手になるには人の嫌がることも率先してやる。1回ずつ意図を持った1200回の素振りも毎日欠かさず、夢を叶えるために指揮官の教えを忠実に守り続けてきた。

「日本一になることを大前提として、個人としてはチームのために結果を残す、貢献する、バックスクリーンに本塁打を打つことを目標にやっていきたいです」

 心身ともに球界を代表する大先輩により近づいて春を迎える。(市川いずみ / Izumi Ichikawa)

市川いずみ(いちかわ・いずみ) 京都府出身のフリーアナウンサー、関西大学卒。元山口朝日放送アナウンサー時代には高校野球の実況も担当し、最優秀新人賞を受賞。NHKワースポ×MLBの土日キャスター。学生時代はソフトボールで全国大会出場の経歴を持つ。