3月のアスリートは東京五輪陸上女子5000m代表に内定した田中希実選手。
父娘の葛藤、競技に懸ける思い、私生活…独占インタビューで見えてきた等身大の彼女に迫る全4話。


「後悔したくない」

800m・1500mの中距離種目と、3000m以上の長距離種目の試合に出場している田中選手。
走り方が全く違うにも関わらず、多種目に挑むこだわりとは!?
さらに試合前のゲン担ぎで起きたミラクルストーリーも披露!!


■田中希実(たなか・のぞみ)1999年9月4日生まれ。兵庫県出身。豊田自動織機TC所属。両親の影響で幼い頃から陸上に触れ、高校はマラソン強豪校の西脇工業高校に進学し好成績を収めてきた。大学からは父の指導のもと、800mから10000mまで種目を問わず大会に出場する独自のスタイルで注目を集めている。2020年に3000mで18年ぶり、1500mで14年ぶりとなる日本記録を更新。東京五輪では5000m代表に内定し、活躍が期待される。

■DJケチャップ お笑い芸人として培ったトーク力を武器に、スポーツDJ、スタジアムDJ、ラジオパーソナリティなど幅広い分野で活躍中。マラソンや駅伝などのランニングイベントでは、累計300大会以上にて、大会DJだけでなく演出までを担当する。近年は楽天ジャパンオープンテニスや、侍ジャパン野球日本代表試合など国際大会のトーナメントDJも務める。


スポーツブルアプリのダウンロード

iOSはこちら
Androidはこちら