26日に2021シーズンの開幕を控える明治安田生命J1リーグ。その開幕を前に、全20チームの監督と代表選手がオンラインでのメディア取材に応じた。

例年であれば、選手や監督が一堂に会して開幕前に「Jリーグキックオフカンファレンス」が行われる中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響も踏まえてオンラインで実施。開幕カードごとに監督、選手が登場して取材に応対した。

昨シーズンはリーグ戦のほか、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)にも出場し、過密日程を過ごしてきたFC東京。一方で、YBCルヴァンカップを制覇し、長谷川健太監督は就任後初タイトルを獲得した。

今シーズンは就任4年目を迎え、国内大会にのみ集中できるシーズン。開幕戦の相手はリカルド・ロドリゲス監督を迎え、再建を図る浦和レッズだ。

長谷川監督は浦和との開幕戦について「非常に難しい相手との開幕戦のカードになったなと思っています。新監督を迎えて浦和も非常に今シーズンに懸ける思いというのは強いと思います。何よりも浦和のホームということで、プラスアルファの力が、浦和にはプラスになると思います」とコメントした。

アウェイでの一戦となるが「その中で我々は埼玉スタジアムに乗り込んでというところで、自分たちはアグレッシブなサッカーをどこまでしっかりと表現できるかどうか。オープニングゲームなので非常に難しい試合になると思いますが、しっかりと戦って勝ち点3、勝利を目指してみんなで力を合わせて戦っていきたいと思っています」と語り、チーム力を発揮してアウェイゲームでの開幕戦勝利を誓った。

今シーズンは20チームで行われる明治安田J1だが、開幕戦の意義については「開幕戦は終わってしまえば38分の1ですが、やる前というのは非常に特別な試合だと思っています」とコメント。「対戦カードが決まって、1カ月余り、開幕のカード、対戦相手に照準を合わせてどのチームもキャンプ等々、準備期間を過ごす。シーズンを通しての準備もありますが、これだけ長く準備をする試合は開幕カードのみだと思ってます。非常に重要、されど38分の1の試合だと思っています」と語り、勝利するために準備をしてきたと語った。

昨シーズンは“多摩川クラシコ”のライバルでもある川崎フロンターレが圧倒的な強さを見せてリーグ優勝を果たし、今シーズンは全てのチームがそこに挑むこととなる。

川崎Fへの対策については「川崎フロンターレは非常に強いです。口では簡単に説明することはできません」と語るにとどめ、「対戦する時の川崎の状況、自チームの状況もある。そういったものを鑑みて、どう戦うかを決めていきたい」と対戦時に考えるとコメント。「ただ、超えなければ優勝はないと思っています」と、優勝を目指す上では倒さなければいけない相手だとした。