観客を熱く盛り上げ、アスリートとファンを繋ぐ架け橋となっている彼女たちを応援する「スポーツブル」オリジナルのコンテンツ『CHEER(チア)』


試合に華を添える彼女たちも、またプロフェッショナルである。そんな彼女たちの魅力を深掘りし、1人1人の生き様にフォーカスしていきます。

あなたのプロフィールを教えてください。
名前: MAYU
身長:169cm
出身地:長野県
趣味:旅行、スポーツ観戦、読書
特技:どこでも寝られる
チャームポイント: 眉毛
何年目:1年目

どのようなタイミングや理由でチアを目指されましたか?
元々スポーツ観戦が好きで、会場を盛り上げるチアリーダーの輝く笑顔やパフォーマンスに沢山の元気をもらっていました。私もファンの方に元気を与え、スポーツの素晴らしさを共有するチアリーダーになりたいと思いました。川崎は社会人で働き始めた思い入れのある場所で、川崎ブレイブサンダースとIRISを一ファンとして応援していたことがIRISに入るきっかけです。

チア生活の中での1番のやりがいは何ですか?
ファンの方々と一緒に応援をし、気持ちを共有できていると体感するときです。試合が始まる前のワクワク感や、試合中のドキドキ、そして勝利を掴んだ喜びなど、様々な気持ちをアイコンタクトを通じて共有できることにやりがいを感じます。ファンの皆さんと一緒に応援できて毎試合とても楽しいです。

(チア生活での)1番印象に残っていることや忘れられない出来事は何ですか?
第96回天皇杯全日本バスケットボール選手権大会の準々決勝の千葉ジェッツ戦でした。第3クォーター終了後のインターバルで踊ったパフォーマンスでのアリーナの光景が忘れられません。第3クォーター終了時点で52対55と3点ビハインドという試合状況でした。ホームでの試合だったので、MCの方の「サンダースファミリーのエナジーを!」の一声で沢山の方がタオルを掲げ、会場がブレイブレッドに染まっていました。クラップもどんどん大きくなり、サンダースファミリーの勝利への気持ちが一つになったと思い感動しました。

チアをしていく中での難しい点は何ですか?
仕事との両立です。チアリーダーとして自信を持ってコートに立つためにやるべきことが沢山あるので、私生活の中でどのように時間を生み出すかが難しいと感じています。ですが、日々の計画をきちんとこなし、少しでも成長できるととても嬉しいですし、やりがいを感じる部分でもあります。

(チアをしていく中で)1番大切にしていることは何ですか?
感謝の気持ちです。運営に携わる沢山の方々、応援してくださる皆さんがいて、いつもの熱いとどろきアリーナが成り立つので、毎試合感謝の気持ちを噛みしめています。そして、その気持ちがもっとパワーを届けたい、そのために頑張りたいという大きな原動力になっています!感謝の気持ちを応援やパフォーマンスで表現していきたいです。

オフの日(試合のない日)は何をしていますか?
オフの日は、スポーツ観戦や、自分で身体を動かすことが多いです。バスケの試合を見ていて自分もやってみたくなったので、この前高校の授業ぶりにバスケをしました!あとは、カフェで読書をするのが好きで、週末の楽しみの一つです。

今後の目標(もしくは将来の夢)は?
やりたいことに挑戦し続けて、毎日楽しく笑顔で過ごすことです。チアリーダーとしてはよりパワーアップして、ファンの皆さんに私たちがいることでもっとアリーナでの時間を楽しく過ごしてもらえるような存在になれるよう挑戦していきたいです!私生活では旅行したい国が色々あるので、それを一つ一つ実現したいです!

【一問一答】

小学生の頃の夢は何でしたか?
バレーボール選手

生まれ変わったら何になりたいですか?
男の人に生まれ変わってみたいです

好きな言葉(座右の銘/四文字熟語)は何ですか?
感謝、謙虚、継続

何かスポーツはされていましたか?
水泳、バレーボール、ダンス

あなたが尊敬する人は誰ですか?
社会人1年目の時の上司2人

最近ブルったことはなんですか?
ホーム開幕戦で川崎ブレイブサンダースのマスコットのロウルを生で初めて見て、想像以上の可愛さにブルっとしました!着々とお家にロウルグッズが増えていきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。そして、いつも川崎ブレイブサンダースとIRISを応援してくださりありがとうございます。世の中は大変な状況が続いていますが、皆さん健康を第一に、応援の力を信じて優勝に向けて益々盛り上がっていきましょう!GO THUNDERS!

◆◆◆ チーム情報 ◆◆◆ 

川崎ブレイブサンダースチアリーダーズ「IRIS」は、川崎市を拠点とするプロバスケットボールクラブ「川崎ブレイブサンダース」の専属チアリーダー。 
チーム名の「IRIS」は「虹の女神」を意味しており、七色の虹のように多種多様な色を持った個性あふれるメンバーが、多彩なパフォーマンスで会場を熱くし、チームとファンをつなぐ「虹の架け橋」のような存在を目指します。 
※IRISの活動についてはSNSでもご紹介しております。 

IRIS Twitter   :https://twitter.com/iris_kbtcheer

IRIS Instagram:https://www.instagram.com/iris_kbtcheer/