5季連続の県大会Vと総合力評価、日大三は「打線の精彩を欠いた」と選考委員

 第93回選抜高校野球大会の出場校を決める選考委員会が29日、大阪市内で行われ、出場32校が決まった。注目の関東・東京の6校目は秋季関東大会8強の東海大相模(神奈川)が選ばれた。

 選考前は東京大会準優勝の日大三との比較になるとされていた。東海大相模は準々決勝で東海大甲府に1-2でサヨナラ負けを喫したが、その粘りと、県大会を5季連続優勝するなど総合力の高さを評価された。

 選考理由では1年夏から甲子園を経験している左腕の石田隼都投手が関東大会を通じて、粘り強い投球を見せていたことや、バント安打を駆使し得点を重ねる打線の試合巧者ぶりなどが挙げられた。

 一方、日大三は高い投手力がありながらも「大会終盤に精彩を欠いた」(選考委員)と決勝の東海大菅生戦では8番・安田の2安打のみ、準決勝の二松学舎大付属戦も7回までノーヒットだったことや、決勝、準決勝の2試合連続で9三振を喫し「得点力不足を露呈した」(同)との説明だった。「投手力を含め、総合力で東海大相模に分があるという意見でまとまった」と選考委員は総評した。

 関東・東京からは健大高崎(群馬)、常総学院(茨城)、専大松戸(千葉)、東海大甲府(山梨)と東京大会優勝の東海大菅生が選出された。(Full-Count編集部)