2年前の選抜では秋季東京大会で準優勝も出場を逃した

 第93回選抜高校野球大会の出場32校が29日、毎日新聞大阪本社のオーバルホールで発表され、昨夏、昨秋と2季連続で東京王者の東海大菅生が選出された。

 午後3時47分、峰岸英仁校長が高野連からの電話を受けると、メンバーからは控えめな歓喜の声が上がった。コロナ禍で喜びを抑えながらも手にした選抜切符。若林弘泰監督が、選手に「おめでとうございます。目標は甲子園に出ることじゃないからな。目標は何だ?」と問うと、榮塁唯主将が「日本一です!」と力強く答えた。

「2年前に準優勝で行けなかった悔しさもあり、今回は文句なしというか、東京を代表して優勝目指してやっていきたい」と若林監督。「選抜は4度目ですが、選抜ではまだ未勝利。一戦必勝で日本一を目指したい」と雪辱を誓った。(Full-Count編集部)