自らのYouTubeチャンネルでもゲーム実況を行うなど、スマホアプリゲーム『プロスピ(プロ野球スピリッツA)』に強い愛情を持つメジャーリーガーであり“ゲーマー”ダルビッシュ有。「本当にむかつく」と語りながらもここまで熱意を持って続けるモチベーションとはなんだろう? 今オフのインタビューに向けて話のネタになればとプロスピをプレイし始めたものの、気づけば空き時間のほとんどをプロスピに費やす生活を送る岩本義弘REAL SPORTS編集長が、ダルビッシュのプロスピへの止めどなき想いに迫る。

(インタビュー=岩本義弘[REAL SPORTS編集長]、構成=REAL SPORTS編集部、撮影=浦正弘)

プロスピではトップ層の人たちに勝つことも。でも…

 ――俺も初心者ながらプロスピを始めて、選手はある程度は揃ってきたんですけど、リアタイ(リアルタイム対戦)では全然勝てなかったんですよ。なので、まず勝つための準備をしようと思って、専用のiPad Proを買いました。

ダルビッシュ:何インチですか?

――11インチです。

ダルビッシュ:打率はどのぐらいなんですか?

――いや、全然です。2割ちょいぐらいです。

ダルビッシュ:感度(カーソル移動速度)はどのぐらいでやっているんですか?

――感度は速いの(4or5)でやっています。

ダルビッシュ:そうなんですか。プロスピ、自分もやっぱりイライラしますよ。本当にむかつく。

――うまい人たちの感覚っていったいどうなっているんだろうなっていつも思います。

ダルビッシュ:本当にそういうのを見て僕もいろいろ勉強しているんですけど。ただ、プロスピはまだトップ層の人たちに勝てたりもするんですよ。

――YouTubeでダルビッシュ選手がトップ層の人たちに勝っているのを見ていて、本当にすごいなと思います。

ダルビッシュ:(プロスピでは)たまにそういうことがあるんですけど、フォートナイトは絶対にないです。そこは絶対に勝てないっていう壁があるので。

――そこで勝てるようになったらeスポーツのプレーヤーとしてもいけちゃいますもんね。

ダルビッシュ:そうですね。トップ層の人たちは本当にすごいですよ。フォートナイトをやっていると、いかにeスポーツのトップの人たちがすごいかがよくわかります。

「甘いところをわざと使うのも大事」

――昔、ゲーム雑誌の編集もやっていたので、格闘技ゲームとかのトップの人たちと毎日のようにプレイしたり、トレーニングについての話もよく聞きましたが、トレーニングも思考も本当にすごいんですよ。毎日毎日、高い意識でトレーニングしている。だから本当にあれはスポーツの一種だと思うんですよね。

ダルビッシュ:すごくよくわかります。トッププレーヤーたちのYouTubeとか見ているんですけど、練習中の動画をずっと流しているんですよね。やっぱりいい練習をするからうまいんですよ。僕とかは才能もないのに、練習もしなかったら負けるのは当たり前じゃないですか。それなのに自分にイライラしてむかつくって、本当にしょうもない人間だなって最近すごく思うようになって。努力もしないくせに、それで結果が出ないから怒るってすごく自分本位だし、なんか子どもっぽいなと。だから今いろいろ勉強しているところです。

――改めて勉強し直しているんですね。

ダルビッシュ:脳科学からちゃんと勉強しようと思っています。

――でもダルビッシュ選手のプロスピを見ていて、トッププレーヤーたちに勝ったりするのは、やっぱり普通の人と「読み」が違うなと感じます。

ダルビッシュ:でもそれって、配球が合う、合わないってあるんですよ。例えば外木場(義郎)投手が(僕は)打てるとしても、別の人は外木場投手に完全にハマるってことが多々あるんです。それは脳の癖が合う、合わないってあるんですよね。

――あとトッププレーヤーは、ツーシームの打撃の見極めのところが、やたらうまいなと思います。

ダルビッシュ:そうですね。距離感やスピード感で判断したりするからすごいですよね。

――もうこっちは、「投げるボールがない!」って状態になるんですよ(苦笑)。

ダルビッシュ:自分もそうなります(笑)。強い人たちの話を聞いていると、「甘いところをわざと使うのも大事だ」みたいなことを言うんですよね。Twitterとかでもフォローし合ってやっている人たちがいるんですが、「甘いところにいきなり投げたりするのもすごく大事ですよ」と。ただ、自分はその勇気が湧かない。

ゲームをやり続けるモチベーションとは?

――プロスピをずっと続けているモチベーションは?

ダルビッシュ:野球と同じで、単純に好きだからです。コロナ自粛期間中とかファンの人たちとすごくコミュニケーションがとれて、学んだこともすごく多かったんですよ。日本のプロ野球選手のこともすごく詳しくなったし、YouTubeでもゲーム実況の難しさとかそういうのもすごくわかったりして、得るものが本当に多かったですね。半端じゃなく課金しているけど、でもかなりプラスになる部分はありました。

――僕も想像していた以上にたくさん使ってしまいました(苦笑)。

ダルビッシュ:最近だと誰を狙ったんですか?

――カープファンなので、最近だと前田智徳選手。

ダルビッシュ:そういえば、自チーム、カープでしたね。今回(2020シリーズ2 OB第2弾)、当たり的には前田選手が一番かな。

――対象のSランクキャラが確定となる3番目と6番目、どちらも前田選手だったんですよ。だから、今のイベントをやっていけばあとA(ランク)が3枚手に入るので極められます(編集部注:「極」は選手のレベル・特訓レベル・限界突破回数を最大にした状態。また、同じ選手が重なった場合、特訓の時に素材として使用できる)。

ダルビッシュ:それだと外野の守備が相当強くなりますね。

――でもあとから始めていると大変ですよね、もう出てこない選手もいるので。

ダルビッシュ:でも大体再販されますよね。OBもそうですし。昔の選手はスピリッツが弱くなっちゃうじゃないですか。だからそのあたりのバランスはうまいなと、プロスピ。

――(ゲーム内の)ダルビッシュ選手を「極」にするのが一番大変でした。

ダルビッシュ:あれは大変だと思います。僕のセレクションのチーム(編集部注:プロスピとのコラボ企画としてダルビッシュ選手自身が選んだNPB12選手が登場する「ダルビッシュセレクション」)は持っているんですよね?

――はい。

ダルビッシュ:で、「極」なんですか?

――「極」です。でも全然良い称号はついていないので。

ダルビッシュ:「精密機械」か「勝利の使者」ですね。

――ダルビッシュ選手は、普通の人では理解できないレベルで称号獲得チャレンジやっているから……。

ダルビッシュ:ずっとやっているからどんどんA(ランク)が育っていくんです。

――そうですよね。それこそ、誰かを救うチャレンジをやっている時にたくさんA(ランク)が入るから、それでどんどん育てているということですよね。しかも、さらにB(ランク)もたくさん育ててる。

ダルビッシュ:Vロード(全12球団のCPUチームと対戦するモード)をやるときにB(ランク)も何体か入れて、レベルマックスに持っていったまま次のB(ランク)を入れていって、最後経験値で変換して今ちょうどそれなんですけど。ストック経験値になるので、かなりでかいです。(画面を見せながら)全部50なんですけど、B(ランク)の。こういう感じで売るとめちゃくちゃ育成もはかどります。

――調べて、それが効率的だなとわかったので、同じことを真似しています。ありがとうございます。次取材したときまでにはもっと強くなっておきます。

ダルビッシュ:じゃあ、今度ぜひリアタイやりましょう!

<了>

PROFILE
ダルビッシュ有(ダルビッシュ・ゆう)
1986年生まれ、大阪府出身。MLBサンディエゴ・パドレス所属。東北高校で甲子園に4度出場し、卒業後の2005年に北海道日本ハムファイターズに加入。2006年日本シリーズ優勝、07、09年リーグ優勝に貢献。MVP(07、09年)、沢村賞(07年)、最優秀投手(09年)、ゴールデングラブ賞(07、08年)などの個人タイトル受賞。2012年よりMLBに挑戦、13年にシーズン最多奪三振、20年に日本人初となる最多勝を獲得。テキサス・レンジャーズ、ロサンゼルス・ドジャース、シカゴ・カブスを経て、2020年12月29日にサンディエゴ・パドレスへ移籍。