同じポーランドのシフォンテクに
フルカチュ「刺激になる」

ATP公式サイトは、現在開催中のATPツアー「デルレイビーチ・オープン」(アメリカ・デルレイビーチ/ATP250)で決勝に進出した世界ランキング35位のフベルト・フルカチュ(ポーランド)の声を掲載。同じポーランドで、昨年全仏オープンを制したイガ・シフォンテクから大きな刺激を受けているとした。

【関連記事】全仏女王イガ・シフォンテクが、ポーランド・オリンピック委員会からスポーツアワードを受賞!

第4シードのフルカチュは、今大会1セットも落としておらず、準決勝となったクリスチャン・ハリソン(アメリカ)との試合でも7-6(4)、6-4で勝利。ツアー2度目となる決勝への切符を手に入れた。

フルカチュは「僕がポーランドを代表してプレー出来ること、そして(会場に)ポーランドの人々が来てくれて、応援してくれることは素晴らしいことだ」と、観客数が減少された中でポーランドのファンが駆けつけてくれたことを喜んだ。
さらに、昨年の全仏オープンで19歳のシフォンテクが優勝したことが“大きな刺激になった”と語っている。

「彼女が全仏オープンで成し遂げたことは、信じられないほど大きな刺激を与えてくれた。ノーシードでグランドスラムに優勝したことや彼女のプレーには驚かされた。だからこそ、彼女が成し遂げたことはポーランドのすべての人にとって刺激になるんだ」



決勝の相手は、世界119位のセバスチャン・コルダ。元世界2位で1998年の全豪オープンで優勝を果たしたペトル・コルダ氏を父に持つアメリカの新星だ。
だが、フルカチュも負けてはいられない。現在世界35位で、グランドスラムのシード入りまであと一歩。「ナダルやジョコビッチと対戦するわけではないから、1回戦の助けになることは確かだ。願わくば、将来的にはもっと高いシードになれたらいい。そうすれば、3回戦までトップ選手と当たらないわけだからね。でも、これは明らかに一歩前進している。もっと上手くプレーできるといい」と今大会優勝することで、グランドスラムでもいい結果に結びつけやすくなるとした。
全仏覇者シフォンテクから刺激を受け、フルカチュが好成績を残すことができるのか楽しみだ。