女子テニスの今季開幕戦アブダビ・WTAテニス・オープン(アラブ首長国連邦/アブダビ、ハード 、WTA500)は12日、シングルス準決勝が行われ、第4シードのA・サバレンカ(ベラルーシ)が第9シードのM・サッカリ(ギリシャ)を6-3,6-2のストレートで破り、決勝進出を果たした。
>>【YouTube】綿貫 陽介 苦悩を告白「ダメになるかも」から復活、錦織や西岡らの印象とは<<
>>YouTube 綿貫 陽介ラケバ公開、ラケットは頭側が重い? インタビュー後編<<
この試合、22歳のサバレンカは8本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに82パーセントの高い確率でポイントを獲得。サッカリに1度ブレークを許したものの、自身はそれを上回る4度のブレークに成功し、1時間1分で決勝へ駒を進めた。
昨シーズンから続くシングルス公式戦の連捷記録を14に伸ばし、好調を維持しているサバレンカは女子プロテニス協会WTAの公式サイトで「正しく集中できている。集中できているおかげで、まず『勝利だけを考え続けないこと』、そして『それでいて勝ち続けていること』の2つができるようになった。自分のゲームやコート上の動きに集中して、その瞬間にできることをすべてやろうとすることが必要だと思う。本当にうまくいっている」と話した。
「それでも、どのゲームも改善点は見つかっている。まだまだたくさんのことがあるし、変えていかないといけない」
サバレンカは9つ目のツアータイトルをかけて、決勝で世界ランク46位のV・クデルメトバ(ロシア)と対戦する。クデルメトバは準決勝で同99位のM・コスチュク(ウクライナ)をストレートで下しての勝ち上がり。
一方、敗れた25歳のサッカリは今大会、C・ガウフ(アメリカ)G・ムグルサ(スペイン)S・ケニン(アメリカ)らを破るなど好調だったものの、ベスト4で姿を消すこととなった。
[PR]「男子テニスATPツアー デルレイビーチ」
1/11(月)〜14(木) 準々決勝以降 WOWOWメンバーズオンデマンドでライブ配信
「全豪オープンテニス」
2月8日開幕!WOWOWで連日生中継

■放送&配信スケジュールはこちら>