頭角を現す鍵山に五輪メディア「シニアで何年も活躍しているよう」

 フィギュアスケートの鍵山優真(星槎国際高横浜)は、昨年12月の全日本選手権の男子シングルで3位入賞。3月にストックホルムで開催予定となっている世界選手権の代表にも選ばれた。頭角を現している17歳について、IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」は「カギヤマは着実に力をつけている」と特集記事で注目している。

 鍵山は昨年行われた冬季ユース五輪で金メダルを獲得。11月のグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯で優勝し、12月の全日本選手権でも羽生結弦(ANA)、宇野昌磨(トヨタ自動車)に続き、堂々の表彰台に立った。

 確かな実力を見せている鍵山について「オリンピックチャンネル」は「ローザンヌで金メダルを獲得してから、カギヤマは着実に力をつけてきている」と見出しを打って記事を掲載。1年前の冬季ユース五輪から「限られた環境の中であるにも関わらず、カギヤマは着実に力をつけている」と成長に注目している。

 同メディアは鍵山のNHK杯の演技を「まるでシニアの大会で何年も活躍しているような姿を見せつけた」と称賛。一方で「しかし、1つの疑問が残っていた。五輪連覇王者のハニュウや平昌五輪銀メダルのウノと戦えるのかということだ」とも記述している。

 鍵山は全日本選手権で羽生、宇野には得点が及ばなかったものの、合計278.79点をマーク。記事では3人を比較し「カギヤマはこの疑問に答えを示した。確かに、経験のある2人の方が華麗だったが、若きスターは2大会連続の銅メダルを獲得した。そしてNHK杯の時(275.87点)よりもスコアを上げていた」と言及している。(THE ANSWER編集部)